ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

Archive for the ‘ICT’ Category

Minecraft Windows 10 Edition は今なら 1,150 円。2,000 円の値引き。あと 11 日です。

leave a comment »

Windows ストアからダウンロードする Windows ストアアプリの「Minecraft Windows 10 Edition」はキャンペーン中で今なら大幅ディスカウントだ。いま見たところでは「あと 11 日です」とある。Windows ストアアプリは複数のデバイスを持っているユーザーなら、10 台までの端末にインストールして使うことができる。一人で何台ものデバイスを所有する時代にはとてもぴったりだ。

minecraft_ディスカウント_mid_640

とても面白く、教育にも利用できる可能性があるので、ぜひ試してみたい。

Minecraft Windows 10 Edition をインストールした

leave a comment »

Minecraft は様々なプラットフォーム向けの様々なエディションがある。コンピュータで使うエディションンは PC 版と言われるが、これにもいくつかのバージョンがある。ひとつは従来の Windows プラットフォームで動く「デスクトップアプリ」と呼ばれるもので、もうひとつは Windows 8 から使うことができるようになった「ストアアプリ」と呼ばれるものだ。「ストアアプリ」は「モダンアプリ」と呼ばれることもあり、タブレットなどで使うことを意識したインタフェースになっている。

Minecraft は最初「デスクトップアプリ」で作られてバージョンアップを繰り返してきたが、新しく「ストアアプリ」でも作られた。これが「Minecraft Windows 10 Edition」だ。

「Minecraft Windows 10 Edition」は Windows ストアからダウンロードする。新しく開発されているため、バージョンはまだ小さい。現時点でインストールしたものは、バージョン 1.0.7 だ。

Minecraft Windows 10 版ダウンロード_mid_640

「ストアアプリ」の特徴はいろいろあるが、複数のデバイスを持っている人にとって嬉しいことは、購入したアプリは 10 台までのデバイスにインストールして使えることだ。

Minecraft Windows 10 版ダウンロード_完了_起動_002_mid_640

Minecraft Windows 10 版ダウンロード_完了_起動_003_mid_640

Minecraft Windows 10 版ダウンロード_完了_起動_004_mid_640

この「Minecraft Windows 10 Edition」は使いやすいが、まだバージョンは低いのでこれからの開発に大いに期待している。また教育向けには「Minecraft Education Edition」があり、こちらは教育用に考えられた特別な機能を持っている。こちらも要注目だ。

小学生エバンジェリストたちがマイクライベントの発表準備をしています。 – 「マインクラフトとプログラミング教育」マイクロソフト関西支社セミナールーム 2017年4月22日(土)

leave a comment »

今週末、4月22日(土)にマイクロソフト関西支社セミナールームで開催する「マインクラフトとプログラミング教育」でエバンジェリストとして発表する小学生たちが発表の準備と打ち合わせをしています。

P1490052_mid_640_480

今日の打ち合わせでは、次のようなことを決めました。

1.発表は一人5分程度なので内容をコンパクトにまとめること。
2.それぞれ発表内容を決めること。
3.あらかじめ完成見本を作っておき、説明してから新しく作ること。
4.当日スムーズにデモができるように練習すること。
5.発表原稿を作ること。デモの手順も必要ならメモをしておくこと。
6.話しながらデモをするリハーサルをすること。

これらは子供たちがみんなで考えながら決めました。リハーサルをすると、しゃべりながらパソコンを操作することが想像以上にむつかしいことがわかり、発表原稿を作ることやデモの練習が必要だということがわかったのです。

今週末、4月22日をお楽しみください!

兵庫県立兵庫高等学校の「情報の科学」授業スライドを Docs.com で公開しています

leave a comment »

昨年度も部分的に公開していた「情報の科学」の授業スライドを今年度も Docs.com で公開することにした。

Docs.com
https://docs.com/user775272

docs.com画像_mid_640

授業で使うパワーポイントのスライドだけでなく、ワークシートや小テストも公開する。

Written by Yoshio Matsumoto

2017年4月19日 at 10:22 PM

HITACHIの電子黒板機能付きの超短投射プロジェクター、CP-TW3005Jを試してみた – e スクール ステップアップ・キャンプ 2016 西日本大会のエキビジョンスペースの展示

leave a comment »

先日、文部科学省共催、一般社団法人日本視聴覚協会と日本視聴覚連合会の主催で行われた「eスクール ステップ・アップキャンプ 2016 西日本大会」に参加した。文部科学省の初等中等教育局視学官から「学習指導要領改訂を踏まえた教育の情報化の重要性」について基調講演があり、またアクティブラーニングを取り入れてICTを活用した模擬授業が行われるなど意欲的な会だった。

各セッションと並行して会場内のエキビジョンスペースでは各企業から様々なICT機器やソフトウエアなどの展示が行われており、授業で使いたいと思わせられるものがたくさんあった。その一つがこのプロジェクターだ。

いわゆる電子黒板には様々なものがあるが、教育関係では大画面薄型テレビ形式のディスプレイを使用し、タッチパネルのインタフェースを有したものが一般的だろう。コンピュータを接続して教材を投影できるメリットと、電子ペンを使ってあたかも黒板にチョークで書くという直感的なオペレーションができるところが優れている。しかし設置が難しく高価であるという問題がある。

今回、HITACHIの電子黒板機能付きの超短投射プロジェクター、CP-TW3005Jを試してみたが、超短焦点とうたっているだけあり、黒板にかなり接近して投影できる性能を持っている。それに加えて、投射しているスクリーンに対して専用の電子ペンで電子黒板のように文字が書けるのだ。これには驚いた。会場ではスクリーンに対して天井から吊る形で設置されていた。次の写真から、どのくらい超短投射であるかわかるだろうか。カタログ上では100型の大きさに投影するには本体のレンズ面からスクリーンまでが 40.8cm、80型の投影なら 26.8cm、60型の投影ならなんと 12.8cm の距離でいいとなっている。

P1460356_mid_640_480

驚いたのは、スクリーンに投射している画像に対して、スクリーン上で専用の電子ペンを使って文字が書けるというところだった。これを見たとき、どのような仕組みでペンの動きを見ているのだろうと不思議だったが、目からうろこが落ちるような仕組みだった。ペンの先から赤外線が出ており、その赤外線をプロジェクターが感じ取って投射画像にオーバーライトしているのだ。

P1460368_mid_640_480

いわゆる電子黒板は教室への設置が難しい。普段は黒板やホワイトボードを使いたいが電子黒板も使いたいという場合は、教室に両方を設置するかどちらかを可動式にするしかない。しかしプロジェクター方式なら、通常は黒板で、必要に応じてプロジェクターを投影するといった使い方ができる。スクリーンをホワイトボードや黒板にして、映像を重ねて使うといったこともできるだろう。いや、それが最も望ましいと思える。黒板とチョーク、ホワイトボードとペンを使って授業をすすめながら、必要に応じて写真や動画を提示する。

電子ペンを使うときは、スクリーンに対するポジションを校正する必要がある。プロジェクターの設置位置とスクリーンの関係を補正する必要があるからだ。補正のメニューはリモコンを使って行い、画面に映されたドットの位置をチェックすることで行うようになっている。簡単だ。

P1460370_mid_640_480

また地味だが特記すべき機能として、画像の自動補正機能がある。カタログを見るとHITACHIでは「アクセンチュアライザー」機能と「HDCR」と呼んでいるらしい。普通教室でプロジェクターを使うとき、部屋の明るさによってプロジェクターの輝度が不足し、画像が鮮明に見えないことがある。このようなとき手動で明るさやコントラストを調節するが、このプロジェクターは「アクセンチュアライザー」によって映像の陰影感、精細感、光沢感を強化し、「HDCR」、これは High Dynamic Contrast Range の頭文字らしいが、これによって画像の明るいところと暗いところを自動的に解析し、暗部を詳細に見せるように調節する機能だ。つまりは、いわば画像にシャープネスをかけ、コントラストを調節する、これらを画像解析により自動的に行う機能だと考えられる。

P1460357_mid_640_480

サンプルに使われた写真は、ドーム型で天井がガラスになっている建物の中で、ガラスの明るいところを中心に撮った写真だ。明るい部分は明瞭にわかるが、建物の下部の暗いところはほとんど真っ暗につぶれてわからない。これが「アクセンチュアライザー」と「HDCR」によってボタンひとつで自動的に明るいガラス部分はそのままに、暗い部分が明るさを調節されてはっきりをわかるように浮き上がってくる。これは便利だ。

USBで給電できる Logitec の超小型スイッチングハブ LAN-SW03PSWE を買った。

leave a comment »

出先でイーサネットを実験できるように、USBで給電できるスイッチングハブを探していた。これが意外にない。たとえば、ホテルのイーサネットを WiFi にするような WiFi ルーターは何種類もあり、USB で給電できるものも多い。しかし有線のイーサネットハブで USB 給電できるものは少ない。俺が探したところでは、これ以外には他に2種類しかない。PLANEX 8ポート 10/100M スイッチングハブ FX-08Mini か BUFFALO 10/100Mbps対応 プラスチック筺体 AC&USB電源 3ポート ブラック スイッチングハブ LSW-TX-3EP/CUB だ。

このロジテックの USB 給電スイッチングハブは 2種類あって、もうひとつは LAN ポートが3つしかない LAN-SW03PSWE だ。どちらにしようか迷った。というのも、出先でイーサネットの実験をするには多くのポートは必要なく、3ポートあれば十分だからだ。しかし 5ポートの LAN-SW05PSWE が実売価格で 1,091円、5ポートの LAN-SW03PSWE が 945円。その差はたったの 146円だ。ほんのペットボトル飲料一本程度の違いしかない。応用場面を考えると 5ポートのものを選ぶのがいいだろう、と思った。

P1140033_mid_640_480

USB 給電できる WiFI ハブがあって USB 給電できるスイッチングハブの種類が少ないのには、どうやら消費電力も問題があるようだ。そこは確かに気になっていて、たとえばこの Logirtec の製品でも、商品電力を考えて、あえて 3ポートのものを選択することも考えた。しかしこのモデルは、使っていないポートの電力供給を制限する機能が入っているらしい。それなら 5ポートを選択しても大丈夫だ。

大きさもとってもコンパクトで、掌にすっぽりと収まる大きさだ。実に小さい。

P1140036_mid_640_480

ちなみに厚さはこんか感じだ。イーサネットの RJ45 コネクタの大きさを考えると、厚みはこれがほぼ限界だと思われる。薄い。

P1140038_mid_640_480

持ち歩くことを考えると少しでも重量が小さいほうがいい。だがこれも、スペック上では 3ポートのスイッチングハブが 29g、5ポートのスイッチングハブが 39gとあった。10gの違いは大きくない。実際のところ、購入した 5ポートのスイッチングハブ LAN-SW05PSWE をキッチンスケールに載せて量ると 38g だった。

P1140041_mid_640_480

さてこれを何に使うのかといえば、マイコンボードのイーサネットを使うプログラミング、Web サービスを実装するようなプログラミングを出先で試したいからだ。ちなみに先日、これを持ち出して近所のホームセンターのフードコートでプログラミングをした。快適だった。

P1140106_mid_640_480

もちろん家でも職場でもプログラミングをするが、ちょっとした空き時間、いつもとは違う空間でプログラミングをするのも楽しい。意外に作業がはかどる。ということで、これからもこの USB 給電スイッチングハブを持ち歩き、あちこちでネットワークプログラミングをすることを楽しみにする。

3月5日(土)、神戸三ノ宮で行った「ラボワーク LW02 – Digispark 切手大の小さい Arduino を使う」

leave a comment »

アドミンティーチャーズ「『ラボワーク LW02 – Digispark 切手大の小さい Arduino を使う』の報告」
https://adminteachers.wordpress.com/2016/03/28/%e3%80%8c%e3%83%a9%e3%83%9c%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af-lw02-digispark-%e5%88%87%e6%89%8b%e5%a4%a7%e3%81%ae%e5%b0%8f%e3%81%95%e3%81%84-arduino-%e3%82%92%e4%bd%bf%e3%81%86%e3%80%8d%e3%81%ae-2/

今回の「ラボワーク」では、参加のみなさんがご自分のパソコンをお持ちになったので、実際に環境を整えたりスケッチを書いたりという実践的な実習ができた。とてもよかった。今回の「ラボワーク」では、次のようなことをした。

・切手大の Arduino の亜種といえる Digispark を使ってみる。
・Arduino IDE で Digispark を開発するための環境を整える。
・Digispark と PC 間のインタフェースについて知る。
・Arduino IDE を使って簡単な「Lチカ」プログラミングをして Digispark を動かす。

Digispark は USB インタフェースの形状が異なるものを 2種類用意した。ひとつはむき出しの USB コネクタがボード上に形成されているもので、もうひとつはボードにマイクロ USB コネクタが付いているも。むき出し USB コネクタのものはケーブル不要で直接パソコンに挿すことができるので便利だ。どちらの Digispark も中身は同じ。

Digispark は Arduino IDE で開発することができるが、Digispark 用のボードマネージャーを適用する必要がある。ここで現在、Digispark 開発用に提供されているボードマネージャーが、Arduino IDE のバージョンによっては動かないという現象がある。Windows 用の Arduino IDE では、1.6.5 では正しく適用されることがわかっているので、異なるバージョンの Arduino IDE を使っている方には 1.6.5 をインストールしなおしていただき、その後 Digispark 用のボードマネージャーを適用していただいた。

Digispark は他の Arduino と異なり、パソコンとのインタフェースは USB – シリアル変換ではない。パソコンからは Digispark はキーボードやマウスと同様の HID (Human Interface Device) として動作する。したがって固有のデバイスドライバを導入する必要がなく、標準の HID ドライバが適用されればいい。スケッチを導入するには、まず Arduino IDE で「マイコンボードに書き込む」ボタンを押してから USB に Digispark を挿す。Digispark は通電後、数十秒間はプログラム転送モードになり、その間にスケッチが導入される。スケッチの導入が終われば自動的にリセットし、プログラムが動き始める。

Digispark にはオンボードで LED が 1個ついているので、スケッチでオンボードの LED を点滅させるスケッチを作って確かめた。点滅速度を変更したり、PWM でフェードイン、フェードアウトの光らせ方を体験したりした。

次回は 4月2日(土)。テーマはプログラミングとし、シフトレジスタでコントロールする LED チューブの点灯と、ダイナミック点灯のプログラミングを考えている。前回同様 12 名の定員の小さな会議室を予約しているので、希望の方は早めに申し込んでください。数日中にアドミンティーチャーズのサイトで告知します。

アドミンティーチャーズ Web
https://adminteachers.wordpress.com/

P1120096_mid_640_480