ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

Archive for the ‘Microsoft’ Category

2019年5月18日(土) – 第2回神戸SQL Serverラボ – 神戸SQL Server User Group

leave a comment »

2019年4月から毎月定期開催で「神戸SQL Serverラボ」と題したSQL Serverの勉強会を始めました。場所は神戸三ノ宮駅から徒歩約5分の便利な場所にある、神戸青少年会館をお借りし、毎回テーマを決めて、初心者がSQL Serverデータベースの運用ができることを目指します。また経験者の方にも、それぞれお持ちのノウハウを交流できる場になれば幸いです。

<追記>
第2回からネットワーク環境で SQL Server を利用できるようにします。LAN ポートで有線接続できるか、WiFi 機能を持った PC をお持ちいただければ SQL Server をインストールしなくとも管理ツール SSMS だけ設定すれば実習ができます。用意する SQL Server のバージョンは SQL Server 2014 と SQL Server 2017 です。

場所:神戸青少年会館(神戸市勤労会館の5階6階です)
神戸市中央区雲井通5丁目1番2号 34.694927, 135.197403
kobeshiseishounenkaikan_map bingmapで表示
神戸市青少年会館のアクセスページ
日時:毎月第3土曜日 18:00~19:30

第2回 2019年5月18日(土)18:00~19:30
「テーブル作成、データ型、主キー、テーブル作成とSQL文」
データベースの作成とテーブル作成について実習します。実習の中でデータを一意に管理するテーブルの主キーについてや、Accessの「オートナンバー型」のようにデータに自動的に連番を与える方法、テーブル作成を SQL 文で行う方法などを体験的に身に着けます。
場所:神戸青少年会館 サークル4号室(神戸市勤労会館の6階です)

申し込み方法:電子メールまたはconnpassで
電子メール:kobesqlserverlabo@matsumotoyoshio.net
電子メールのタイトル:第2回20190518神戸SQL Serverラボに参加します
電子メールの本文:お名前、所属をお書きください。
connpassでの申し込み:https://connpass.com/event/130009/
運営費:500円

(定期開催の予定)

第1回 2019年4月27日(土)18:00~19:30(終了しました)
「SQL Serverのインストールと管理ツールManagement Studioの基本操作」

第2回 2019年5月18日(土)18:00~19:30
「テーブル作成、データ型、主キー、テーブル作成とSQL文」

第3回 2019年6月15日(土)18:00~19:30
「ビューによるデータ操作、射影、選択、結合」

第4回 2019年7月20日(土)18:00~19:30
「関数によるデータ処理、ユーザー定義関数の作成と利用」

第5回 2019年8月17日(土)18:00~19:30
「トリガによるデータ処理の自動化」

第6回 2019年9月21日(土)18:00~19:30
「ストアドプロシージャの作成と利用」

※第7回以降の予定は決定次第ここにご案内します。

2019年5月1日

松本 吉生(まつもとよしお)

Microsoft MVP Data Platform
京都に生まれ、神戸で幼少期を過ごす。大学で応用化学を学んだのち、理科教諭として高等学校に勤務する。教育の情報化が進む中で校内ネットワークの構築運用に従事し、兵庫県立明石高等学校で文部科学省の「光ファイバー網による学校ネットワーク活用方法研究開発事業」に携わる。兵庫県立西宮香風高等学校では多部制単位制の複雑な教育システムを管理する学籍管理データベースシステムをSQL ServerとInfoPath、AccessなどのOfficeソフトウエアによるOBA開発で構築・運用する。2015年から2017年まで兵庫県立神戸工業高等学校でC#プログラミング、IoTなどのコンピュータ教育を行い、現在は兵庫県立神戸甲北高等学校に勤務する。2004年からマイクロソフトMVP(Microsoft Most Valuable Professional)を受賞し、現在15回目の連続受賞。2016年にマイクロソフト認定教育者(Microsoft Innovative Educator Experts : MIEE)を受賞し、現在4回目の連続受賞。

広告

2019年度毎月定期開催 – 神戸SQL Serverラボ – 神戸SQL Server User Group

leave a comment »

2019年4月から毎月定期開催で「神戸SQL Serverラボ」と題したSQL Serverの勉強会を始めます。場所は神戸三ノ宮駅から徒歩約5分の便利な場所にある、神戸青少年会館をお借りし、毎回テーマを決めて、初心者がSQL Serverデータベースの運用ができることを目指します。また経験者の方にも、それぞれお持ちのノウハウを交流できる場になれば幸いです。

場所:神戸青少年会館(神戸市勤労会館の5階6階です)
神戸市中央区雲井通5丁目1番2号 34.694927, 135.197403
kobeshiseishounenkaikan_map bing mapで表示
神戸市青少年会館のアクセスページ
日時:毎月第3土曜日(4月のみ第4土曜日) 18:00~19:30

第一回 2019年4月27日(土)18:00~19:30
「SQL Serverのインストールと管理ツールManagement Studioの基本操作」
場所:神戸青少年会館 サークル4号室(神戸市勤労会館の6階です)

申し込み方法:電子メールまたはconnpassで
電子メール:kobesqlserverlabo@matsumotoyoshio.net
電子メールのタイトル:第一回20190427神戸SQL Serverラボに参加します
電子メールの本文:お名前、所属をお書きください。
connpassでの申し込み:https://connpass.com/event/128749/
運営費:500円

第二回 2019年5月18日(土)18:00~19:30
「テーブル作成、データ型、主キー、テーブル作成とSQL文」

第三回 2019年6月15日(土)18:00~19:30
「ビューによるデータ操作、射影、選択、結合」

第四回 2019年7月20日(土)18:00~19:30
関数によるデータ処理、ユーザー定義関数の作成と利用」

第五回 2019年8月17日(土)18:00~19:30
「トリガによるデータ処理の自動化」

第六回 2019年9月21日(土)18:00~19:30
「ストアドプロシージャの作成と利用」

※第七回以降の予定は決定次第ここにご案内します。

2019年4月20日

松本 吉生(まつもとよしお)

Microsoft MVP Data Platform
京都に生まれ、神戸で幼少期を過ごす。大学で応用化学を学んだのち、理科教諭として高等学校に勤務する。教育の情報化が進む中で校内ネットワークの構築運用に従事し、兵庫県立明石高等学校で文部科学省の「光ファイバー網による学校ネットワーク活用方法研究開発事業」に携わる。兵庫県立西宮香風高等学校では多部制単位制の複雑な教育システムを管理する学籍管理データベースシステムをSQL ServerとInfoPath、AccessなどのOfficeソフトウエアによるOBA開発で構築・運用する。2015年から2017年まで兵庫県立神戸工業高等学校でC#プログラミング、IoTなどのコンピュータ教育を行い、現在は兵庫県立神戸甲北高等学校に勤務する。2004年からマイクロソフトMVP(Microsoft Most Valuable Professional)を受賞し、現在15回目の連続受賞。2016年にマイクロソフト認定教育者(Microsoft Innovative Educator Experts : MIEE)を受賞し、現在4回目の連続受賞。

SQL Server 2019 をウェビナーで学習する

leave a comment »

ウェビナーという言葉を最近聞くことがあるが、ウェビナーは「ウェブ」と「セミナー」を組み合わせた言葉で、インターネット上のオンラインセミナーの一形態を指す。オンラインセミナーそれ自体は目新しい概念ではないが、あらためて「ウェビナー」という場合は、教授者も受講者も体感的に心地よく利用できるシステムを使った形態を指すようだ。

SQL Server は SQL Server 2019 が発表され、テクニカルドキュメントなどサイトのコンテンツも充実してきた。マイクロソフトの SQL Server サイトで SQL Server 2019 の詳細情報には「SQL Server 2019 ウェビナー」のリンクがある。

SQL_SERVER_2019_information_mid_640.png

このページから「ウェビナーを見る」をクリックすると、ウェビナーの案内ページが表示され、ユーザー登録するようになっている。

SQL_SERVER_2019_Webiner_registration_mid_640_480

氏名、電子メール、所属名、国名を登録すると、電子メールでウェビナーのリンクが送られてくる。

SQL_SERVER_2019_Webiner_confirm_mail_mid_640.png

このメールから「Click here to join the webinar」をクリックするとウェビナーのページを開くことができる。

SQL_SERVER_2019_Webiner_toppage_mid_640.png

ページの中央の上部にメディアプレイヤーが配置され、ここに動画が表示される。画面の左右には Q&A、登壇者情報、関連情報を示すリソースリスト、アンケート、などが配置されている。これらのウィンドウは表示、非表示を選択できる。

これはいわゆるオンライン教育のコンテンツマネジメントプラットフォームであり、たいへんよくできていると感じる。Webがテキストから動画へ、そして対話的で双方向、インタラクティブ性を活かしたものに進化し、それらをうまくまとめた感じだ。

SQL Server 2019 はウェビナーで学習しよう。

2018年12月23日

松本 吉生(まつもとよしお)

Microsoft MVP Data Platform
1961年京都に生まれ、神戸で幼少期を過ごす。大学で応用化学を学んだのち、理科教諭として高等学校に勤務する。教育の情報化が進む中で校内ネットワークの構築運用に従事し、兵庫県立明石高等学校で文部科学省の「光ファイバー網による学校ネットワーク活用方法研究開発事業」に携わる。兵庫県立西宮香風高等学校では多部制単位制の複雑な教育システムを管理する学籍管理データベースシステムをSQL ServerとInfoPath、AccessなどのOfficeソフトウエアによるOBA開発で構築・運用する。2015年から2017年まで兵庫県立神戸工業高等学校でC#プログラミング、IoTなどのコンピュータ教育を行い、現在は兵庫県立神戸甲北高等学校に勤務する。2004年からマイクロソフトMVP(Microsoft Most Valuable Professional)を受賞し、現在15回目の連続受賞。2016年にマイクロソフト認定教育者(Microsoft Innovative Educator Experts : MIEE)を受賞し、現在4回目の連続受賞。

マインクラフトのエデュケーション版を使った問題解決の授業案を考えています。たとえば小学校四年生の「植木算」の考え方。

leave a comment »

マインクラフトをプログラミング教育に使うことを考えて勉強会をしています。

勉強会「マインクラフトとプログラミング教育」を開催します。
アドミンティーチャーズ
https://adminteachers.wordpress.com/2017/03/08/%e5%8b%89%e5%bc%b7%e4%bc%9a%e3%80%8c%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%95%e3%83%88%e3%81%a8%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0%e6%95%99%e8%82%b2%e3%80%8d/

マインクラフトにはエデュケーション版があり、エデュケーション版には一般のコンシューマー向けのマインクラフトにはない特殊パーツや「Classroom」という授業をするためのモードが用意されています。これらの機能を使えば、効果的に授業でマインクラフトを運用することができます。

マインクラフトは自由度が高く、無限の可能性がありますが、たとえば小学校の算数をテーマに取ると、このような問題解決型の授業案が考えられると思います。

テーマ:レッドストーンで「植木算」を理解しよう
概要:「植木算」は、おおむね小学校四年生の算数で取り上げられる課題で、割り算を習った後に、割り算を現実世界にあてはめて使うことを学ぶ目的で使われます。たとえば「10メートルの道路にそって1メートルおきに木を植えるとしたら、何本の木が必要ですか。」といった問題です。割り算を習った子供は、10メートル割る1メートルで10本、という答えを出せるとして、しかし実際は1mごとの「間」を数えるので9本でよい、ということに気付かせる問題です。これをレッドストーンの働きにおきかえて、15ブロックしか信号が伝わらないレッドストーンを150個使い、全部使ってできるだけ長く信号をつなぐために、何個の反復装置が必要かを考えさせ、実際にマインクラフトの世界でやってみて体験します。

授業案を Docs.com でも公開しています。
https://docs.com/user775272/8741/minecraft-small-challenge-no-2-planting-tree

Minecraft_Small_Change_002_001_mid_640

Minecraft_Small_Change_002_002_mid_640

Minecraft_Small_Change_002_003_mid_640

Minecraft_Small_Change_002_004_mid_640

Minecraft_Small_Change_002_005_mid_640

Minecraft Windows 10 Edition は今なら 1,150 円。2,000 円の値引き。あと 11 日です。

leave a comment »

Windows ストアからダウンロードする Windows ストアアプリの「Minecraft Windows 10 Edition」はキャンペーン中で今なら大幅ディスカウントだ。いま見たところでは「あと 11 日です」とある。Windows ストアアプリは複数のデバイスを持っているユーザーなら、10 台までの端末にインストールして使うことができる。一人で何台ものデバイスを所有する時代にはとてもぴったりだ。

minecraft_ディスカウント_mid_640

とても面白く、教育にも利用できる可能性があるので、ぜひ試してみたい。

Minecraft Windows 10 Edition をインストールした

leave a comment »

Minecraft は様々なプラットフォーム向けの様々なエディションがある。コンピュータで使うエディションンは PC 版と言われるが、これにもいくつかのバージョンがある。ひとつは従来の Windows プラットフォームで動く「デスクトップアプリ」と呼ばれるもので、もうひとつは Windows 8 から使うことができるようになった「ストアアプリ」と呼ばれるものだ。「ストアアプリ」は「モダンアプリ」と呼ばれることもあり、タブレットなどで使うことを意識したインタフェースになっている。

Minecraft は最初「デスクトップアプリ」で作られてバージョンアップを繰り返してきたが、新しく「ストアアプリ」でも作られた。これが「Minecraft Windows 10 Edition」だ。

「Minecraft Windows 10 Edition」は Windows ストアからダウンロードする。新しく開発されているため、バージョンはまだ小さい。現時点でインストールしたものは、バージョン 1.0.7 だ。

Minecraft Windows 10 版ダウンロード_mid_640

「ストアアプリ」の特徴はいろいろあるが、複数のデバイスを持っている人にとって嬉しいことは、購入したアプリは 10 台までのデバイスにインストールして使えることだ。

Minecraft Windows 10 版ダウンロード_完了_起動_002_mid_640

Minecraft Windows 10 版ダウンロード_完了_起動_003_mid_640

Minecraft Windows 10 版ダウンロード_完了_起動_004_mid_640

この「Minecraft Windows 10 Edition」は使いやすいが、まだバージョンは低いのでこれからの開発に大いに期待している。また教育向けには「Minecraft Education Edition」があり、こちらは教育用に考えられた特別な機能を持っている。こちらも要注目だ。

マインクラフトのエデュケーション版を使った問題解決の授業案を考えています。

leave a comment »

マインクラフトをプログラミング教育に使うことを考えて勉強会をしています。

勉強会「マインクラフトとプログラミング教育」を開催します。
アドミンティーチャーズ
https://adminteachers.wordpress.com/2017/03/08/%e5%8b%89%e5%bc%b7%e4%bc%9a%e3%80%8c%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%95%e3%83%88%e3%81%a8%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0%e6%95%99%e8%82%b2%e3%80%8d/

マインクラフトにはエデュケーション版があり、エデュケーション版には一般のコンシューマー向けのマインクラフトにはない特殊パーツや「Classroom」という授業をするためのモードが用意されています。これらの機能を使えば、効果的に授業でマインクラフトを運用することができます。

マインクラフトは自由度が高く、様々なテーマの授業をする可能性がありますが、まず簡単な問題解決の授業案を考えてみました。

テーマ:レッドストーンで信号を伝えよう
概要:レッドストーンは信号を伝える働きを持っています。レッドストーンでつなぐことにより、スイッチでランプを点けることができるようになります。しかしレッドストーンの信号は15ブロックまでしか伝わりません。距離が長いと信号が弱くなってしまうのです。信号を強くする部品にレッドストーン反復装置があります。レッドストーン反復装置はレッドストーンの信号を受け取ったら15ブロックまで伝えることができます。レッドストーンとレッドストーン反復装置を組み合わせて、信号を30ブロック先に伝えるチャレンジに挑戦しましょう。
準備:生徒にレッドストーン30個とレッドストーン反復装置1個を渡す。ワールドにボタンを置き、30ブロックの距離を間においてレッドストーンランプを配置しておく。

授業案を Docs.com でも公開しています。
Docs.com – Yoshio Matsumoto – Minecraft Small Challenge No.1 Redstone wire basics

スライド1スライド2スライド3スライド4

Written by Yoshio Matsumoto

2017年4月23日 at 5:50 PM