ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

東京品川、日本マイクロソフトのカンパニーストアで買ったロゴグッズ – マインクラフトの牛ぬいぐるみ

leave a comment »

東京品川にある日本マイクロソフト本社には、ロゴグッズを取り扱う「カンパニーストア」がある。マイクロソフトのイベントで品川本社に行くときは必ずカンパニーストアに顔を出す。マイクロソフトの魅力的なロゴグッズがたくさん揃っているからだ。今回はこれ。マインクラフトのキャラクター、牛のぬいぐるみだ。

P1490008_mid_640_480

もちろん、MOJANG 認定だ。

P1490012_mid_640_480

このぬいぐるみを買ったときには、頭が大きく重いのにもかかわらず足が柔らかいので自立しないのじゃないかと思ったが、平らでしっかりしたところに置けば安定して立ってくれる。

P1490049_mid_640_480

この牛を机に置いてマインクラフトを楽しもう。

P1490008_mid_640_480P1490012_mid_640_480

Written by Yoshio Matsumoto

2017年4月20日 at 2:43 AM

C# プログラミング – Visual Studio 2017 で作る Windows Form アプリケーションで起動時にテキストファイルを読み込む。

leave a comment »

教科「情報」の「情報の科学」の授業で、定期的に文字入力のトレーニングをするための簡単なプログラムを作っている。あらかじめ登録されたテキストと同じテキストをテキストボックスに入力し、正しく入力できたか、何文字入力したか、入力にかかった時間は何分何秒か、を記録するトレーニングツールだ。

文字入力トレーニングソフトの画面_mid_640

フォームのイメージはこんなかんじ。テキストボックスは「開始」のボタンが押されるまでは使えないようにしておき、「開始」で時間を計測する。「終了」で時間の計測を終え、入力できた文字列を評価する。

このプログラムを生徒に配布するのだが、入力原稿に相当するテキストを、その都度プログラム内に保存しなければならない。このとき、原稿テキストをテキストファイルにしておき、プログラムを起動するときに読み込むようにした。テキストファイルはプログラムと同じフォルダに置いてもいいが、ファイルが丸見えでは触られてしまう可能性が高いので「settings」フォルダの下に入れることとした。

文字入力トレーニングソフトの画面_002_mid_640_480

プログラムでテキストファイルを読み込むコードは次のとおりだ。

—————————————————————————-

myFileName = @"settings\inputtext.txt"; //テキストファイルの場所を示す
enc = System.Text.Encoding.GetEncoding("shift_jis"); //エンコーディングを指定

//テキストファイルの読み込み
try
{
    myInputTextString = System.IO.File.ReadAllText(myFileName, enc);
}
catch
{
    MessageBox.Show("テキストファイルがありません");
}

—————————————————————————-

これで、生徒にプログラム本体とテキストファイルが入った「settings」フォルダを一緒に配布すればいい。

兵庫県立兵庫高等学校の「情報の科学」授業スライドを Docs.com で公開しています

leave a comment »

昨年度も部分的に公開していた「情報の科学」の授業スライドを今年度も Docs.com で公開することにした。

Docs.com
https://docs.com/user775272

docs.com画像_mid_640

授業で使うパワーポイントのスライドだけでなく、ワークシートや小テストも公開する。

Written by Yoshio Matsumoto

2017年4月19日 at 10:22 PM

兵庫県立兵庫高等学校で授業をします。

leave a comment »

人事通知書をもらいました。

この 4月から兵庫県立兵庫高等学校で「情報の科学」の授業を担当します。

Written by Yoshio Matsumoto

2017年4月19日 at 12:42 AM

カテゴリー: 未分類

C# プログラミング – Visual Studio 2017 で作る Windows Form アプリケーションでデフォルト値を保存できるようにする。

leave a comment »

作ったアプリケーションにデフォルト値を保存できるようにしたい。Visual Studio による C# アプリケーション開発なら驚くほど簡単にできる。

まずプロジェクトを開始したら、ソリューションエクスプローラーのアプリケーション名を右クリックしてメニューを表示させる。その中に「プロパティ」の項目があるので、そこをクリックする。

すると次のようなウィンドウが表示されるので、その中から「設定」の項目をクリックする。この「設定」というのがアプリケーション内に保存されるデフォルト値を管理する項目になる。やや日本語がぴったりでない気がするが。

青くなっている「設定」というところをクリックして、アプリケーション内で使いたい名前に変更する。ここでは「mySaveText」という名前にした。この名前をアプリケーション内で使うので覚えておく。

メニューの「×」をクリックして閉じようとすると、プロジェクトを変更しますか、というダイアログが表示される。このときにプロパティ値の設定が保存される。

保存されたら開発画面に戻るので、フォームにテキストボックスを 2つ、ボタンを 3つ作ろう。それぞれ名前は「textBox1」「textBox2」「button1」「button2」「button3」だ。

そしてボタンのクリックイベントに次のコードを書く。

—————————————————————————————

private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
{
Properties.Settings.Default.mySaveText = textBox1.Text;
}
private void button2_Click(object sender, EventArgs e)
{
textBox2.Text = Properties.Settings.Default.mySaveText;
}
private void button3_Click(object sender, EventArgs e)
{
Properties.Settings.Default.Save();
}
—————————————————————————————

button1 に書いた Properties.Settings.Default.mySaveText = textBox1.Text のコードで、テキストボックス1に書いた文字がプロパティ値に記録される。button2 に書いた textBox2.Text = Properties.Settings.Default.mySaveText のコードで、プロパティ値が textBox2 に呼び出されることがわかる。しかしこれだけではアプリケーションを終了するともとに戻ってします。アプリケーションを終了してもプロパティ値が保存されたままにするのは、Properties.Settings.Default.Save() のコードだ。button3 をクリックしてアプリケーションを終了し、ふたたび起動してプロパティ値が保存されていることを確かめよう。

プロパティ値の保存がなんと簡単にできることか。Visual Studio による C# アプリケーション開発は素晴らしい。

Written by Yoshio Matsumoto

2017年4月14日 at 5:56 PM

カテゴリー: 未分類

Aria Pro 2 の MAGNA series MA-550 パープルにロック型のストラップピンを取り付ける。

leave a comment »

激しいギタープレイでもストラップが外れない、ロック型のストラップピンがある。「ストラップロック」とか「ロックピン」と呼ばれることもある。ギターのストラップピンを交換し、対になったロックユニットをストラップに取り付けるようになっているものだ。高校生の頃、生意気にも Greco の Flying V を持っていて、ストラップピンをロックピンに変えていたことを思い出す。今は派手なアクションでストラップが外れるような心配は不要なのだが、懐かしいので使ってみることにした。こんなかんじのパーツだ。

ロックピン自体は通常のストラップピンより小型だ。MA-550 のボディにドライバーで取り付ける。

次にストラップ側に対になるピンを固定する。ストラップ側のピンはねじでストラップを締め付けるようになっている。

まず片方の金具をストラップに取り付ける。

それからもう一方の金具でストラップを挟むようにし、ねじで締め付ける。

ストラップにピンを固定できたら、指でロックを解除しながらビター側のロックピンに差し込む。

これでしっかりとストラップが固定する。ロックを指で外さないかぎりは、ギターを振り回しても外れない。

Written by Yoshio Matsumoto

2017年4月14日 at 1:26 PM

カテゴリー: 未分類

Aria Pro 2 の MAGNA series MA-550 パープルにストラップピンを取り付ける

leave a comment »

さて、これからしばらくメインギターになりそうな Aria Pro 2 の MAGNA series MA-550 パープルだが、実はこのギター、前側、といえばいいのだろうか、ストラップピンが欠損している。

自宅で弾くにはストラップを付けないのでこのままでもいいのだが、やはりなくては困ることもあるだろうと思い、交換用のストラップピンを買って取り付けることにした。

実に標準的な、特徴のない普通のストラップピンだ。

こんなかんじで。ドライバーで。

Written by Yoshio Matsumoto

2017年4月14日 at 1:10 PM

カテゴリー: 未分類