ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

Amazon Kidle Fire を買った。

leave a comment »

Kindle Fire を買った。電子ブックを読むには Kindle が良く Kindle は何台も持っているのだが、それは e-ink の魅力があるからで、液晶画面の Kindle Fire に興味がなかったのだが、いろいろと考えて買ってしまった。その大きな理由は、なんといっても Amazon プライムビデオだ。

P1510086_mid_640_480

Amazon プライムの会員になったのはずいぶん前だが、しばらくはプライムミュージックを聴くことで満足していた。それが変わったのが、Fireスティックを買ってからだった。Fire スティックで映画を観るのは快適だ。無料で見ることができる映画がたくさんある。そしてオペレーションがわかりやすい。観たい映画を探すのが簡単だ。Fire スティックによって、それまでは家に帰ってもテレビを点けたことがなかったが、Fire スティックなら点けて観ようと思わせる。

それから Kindle Fire に興味が出た。Kindle Fire は Amazon プラムサービスにアカウントが紐づき、Prime ミュージックや Prime ビデオを簡単に視聴することができる。このオペレーションの簡単さが素晴らしい。届けられた Kindle Fire はすでにユーザーアカウントが紐づけられており、なんら初期設定をすることなく Amazon プライムのサービスが利用できる。

はっきり言って端末としての完成度はそれほど高くない。普通のタブレットだ。

P1510088_mid_640_480

電源ボタンと音量ボリュームは上側に集中的に配置されている。

P1510092_trim_640_480

裏側には Amazon のロゴがある。ややざらついた表面処理で手触りはいい。

P1510096_trim_640_480

カメラは裏面の上部についている。

P1510100_mid_640_480

やや不満があるのがスピーカーだ。裏面の角にあるが、表からだと聞こえにくい。また本体のボリュームを最大にしても再生音量が小さめだ。おそらく音はイヤホンで聞くことを想定していて、スピーカーは補助的なもの、という位置づけのように思える。

P1510103_mid_640_480

そしてやはり、Kindle Fire を使う一番の特徴は、Prime ビデオの一時保存機能だ。観たい映画をあらかじめ Kindle Fire にコピーしておくことができ、ネットワーク接続がなくても端末だけで映画を観ることができる。このとき、保存できるビデオの本数はストレージの容量により、端末に保存されたビデオを最初に再生するときから 48 時間はオフラインで観ることができるようになっている。

P1510108_mid_640_480

P1510112_trim_640_480

Kindle Fire のおかげで映画を観る機会が増えそうだ。

P1510086_mid_640_480

マインクラフトのエデュケーション版に実装されたプログラミング学習環境「コードビルダー」を制御する「コードコネクション」の概要

leave a comment »

2017年5月2日に行われた「Learn what’s next.」で、マインクラフトのエデュケーション版に「コードビルダー」が実装されることが発表された。この「コードビルダー」を制御するものが「コードコネクション」だ。「コードコネクション」は、マインクラフトのエデュケーション版サイトから「CODE BUILDER BETA」をダウンロードすると得ることができる。

Minecraft_Education_Edition_002

「CODE BUILDER BETA」をダウンロードして Zip ファイルを解凍すると、フォルダの中に「codeconnection.msi」のファイルがある。これをインストールする。

Minecraft_Education_Edition_020

「codeconnection.msi」をインストールして起動すると、次のような画面が表示される。この状態で、「codeconnection.msi」を実行しているコンピュータがコードコネクションのサーバーとしての役割を担うようになった。

Minecraft_Education_Edition_004_mid_640

この状態でマインクラフトのエデュケーション版を実行する。実行したら新しい世界を作り、まずゲームの世界に入ってから「Enter」キーを押してコマンド入力をする。コマンドは、Code Connection で表示されたものを入力するが、Code Connection の画面のコマンド右にあるアイコンをクリックするとコマンド列がコピーされるので、その場合はペーストするだけでよい。

Minecraft_Education_Edition_021_mid_640

サーバーに接続できると「サーバーの接続を確立しました」のメッセージが表示される。

Minecraft_Education_Edition_022_mid_640

このとき、Code Connection は次のようになっている。

Minecraft_Education_Edition_011_mid_640

「MakeCode」と「Scratch」そして「Tynker」のメニューがある。まず「MakeCode」をやってみよう。MakeCode」はマイクロソフトの学習環境だ。「MakeCode」のボタンを押すと、次のように MakeCode のモジュールがロードされる。

Minecraft_Education_Edition_013_mid_640

MakeCode が呼び出されると次のような画面になる。ブロック型のプログラミング環境だ。

Minecraft_Education_Edition_014_mid_640

このとき、Minecraft 側では次のようになっている。このとき、ユーザーが「エージェント」になったのだと思ったがそうではなく、ユーザーとエージェントが重なっているからこう見えた。

Minecraft_Education_Edition_023_mid_640

実際はこのように、ユーザー自身とは別のエージェントが出現している。

Minecraft_Education_Edition_027_mid_640

動作を確認するために、次のような簡単なコードを書く。ブロックなので「書く」というより「組み立てる」というかんじだろう。

Minecraft_Education_Edition_024_mid_640

このコードは、コマンドで「run」と入力されたときに動くものであり、「~0」というのはプレイヤーからみた相対的な位置を示している。プレイヤーの位置から、X、Y、Z軸に対して 100 × 100 × 100 の位置まで、ブロックで埋めるというコードだ。

Minecraft 側で実行しよう。

Minecraft_Education_Edition_026_mid_640

すると、プレイヤーの位置から巨大なブロックが積み上げられることがわかる。

Minecraft_Education_Edition_025_mid_640

これまででも Minecraft はコマンドの利用によりブロックを配置しユーザーをコントロールすることもできたが、あくまでも一行単位のコマンドしか実行できなかった。しかし新しいマインクラフトのエデュケーション版では、このようにプログラミングができる環境が整った。

これによりマインクラフトは本格的なプログラミング教育のプラットフォームになったといえる。

追記1:ユーザー自身がエージェントになったかのような勘違いをしていましたが、ご指摘により書き直しました。ご指摘ありがとうございます。
追記2:相対的な位置の指定について、ユーザーエージェントからではなくプレイヤーからの相対的な位置、に書き直しました。こちらも記事を読まれた方の指摘によるものです。ありがとうございます。

マインクラフトのエデュケーション版にプログラミング機能「コードビルダー」が実装された。マインクラフトは本格的なプログラミング教育のプラットフォームになった。

leave a comment »

2017年5月2日にニューヨークで行われたマイクロソフトの教育イベント「Learn what’s next.」でマインクラフトの新しいバージョンと新機能の概要が発表された。マインクラフトには「コードビルダー」が実装され、マインクラフトは本格的なプログラミング教育のプラットフォームになった。

Minecraft_Education_Edition_008

Microsoft Learn what’s next.
https://blogs.microsoft.com/blog/2017/04/12/save-date-learn-whats-next/#sm.001lojei91eiodt7v6o2qn6lbsw18

この新しいマインクラフトのエデュケーション版の大きな特徴は「コードビルダー」と呼ばれるプログラミング機能が実装されたことだ。

マインクラフトのエデュケーション版では、コマンドによって学習者を操作し、ブロックを世界に配置して環境を整えることができた。しかしそれは、コマンドウィンドウからの直接入力であり、1行ずつ実行することしかできなかった。しかし新しいマインクラフトのエデュケーション版では、プログラミングによってプレイヤーを動かし、世界を作っていくことができるようになる。

詳細は Minecraft Education Edition の Web ページでわかる。

Minecraft Education Edition
https://education.minecraft.net/

Minecraft_Education_Edition_009

新しいバージョンを利用するには、Code Builder Beta をダウンロードする。ダウンロードの直リンクは次のページだ。

Minecraft Education Edition
https://education.minecraft.net/get-started/download/

Minecraft_Education_Edition_002

「コードビルダー」の機能によってマインクラフトは本格的なプログラミング教育のプラットフォームになった、と、まずは言うことができるが、もしかしたらこれは初めの一歩であり、この先に壮大なプログラミング世界の大革命がやってくる予感がする。体が震えるほどの期待に満ちている。マインクラフトには学校教育者だけでなく、職業プログラマーも要注目だ。

ワイヤレス接続のロジクール M170 – 無線 USB アダプタが本体にしまい込めるので紛失の心配をしなくていい。そして実際に手にしないとわからないが、手触りがいいデザインだ。

leave a comment »

キーボードやマウスはワイヤレス接続がいい。USB デバイスを多用することもあり、またタブレットではそもそも USB コネクタの数が少ないこともあって、できれば Bluetooth 接続ができればいい、と思って Bluetooth マウスをいろいろと試したが、どうも Bluetooth は接続が不安定だ。そこであらためて専用 USB アダプタ接続のワイヤレスマウスを買ってみた。ロジクールの M170 Black だ。

P1500983_mid_640_480

箱から出すと、すでに本体に乾電池が装填されていて、タグを外せば使えるようになっている。「ここを引っ張れ」とうかんじのタグだ。

P1500984_mid_640_480

この無線マウスの秀逸なところは、マウスの本体に専用 USB 無線アダプタを収納できるところだ。下の写真はマウスの裏側のパネルを外したところだが、「logicool」のロゴのあるところが専用 USB 無線アダプタだ。

P1500986_mid_640_480

こうやって取り外して使う。

P1500991_mid_640_480

そして手触りがいい。こればかりはネットで写真を見るだけでは伝わりにくいのだが、次の写真でわかるだろうか。マウス全体がややざらつき感のある素材でできており、かつ側面、親指と薬指で挟むようにあたる部分に、細かな三角形をランダムに配置した凹凸がデザインしてある。これにより、持った時の手触り感がいい。

P1500997_mid_640_480

全体を持った時のホールド感もいい。愛用のマウスになりそうだ。

P1500993_mid_640_480

P1500983_mid_640_480

Written by Yoshio Matsumoto

2017年5月13日 at 1:36 PM

マインクラフトはオブジェクト指向プログラミングだ。小学6年生の息子が作るマシンを見て思う。

leave a comment »

わが子は「マインクラフトエバンジェリスト」と言っていいほどマインクラフトを熟視している。今日は新宿で「こどもの日プログラミング無料体験会 ~マインクラフトで身につく3つの力~(小学3年生~中学生対象)」というイベントをやるために新宿に来ているのだが、早めに着いた新宿でマクドナルドに入り、マインクラフトをしているわが子を横目で見ながら、いったい何を作っているのか質問をした。

P1490790_mid_640_480_edit

一心不乱に何やら大きな仕掛けを作っているのだが、かなり複雑な仕組みだということが想像できる。いったい何を作っているのか、と聞くと「自動アイテム仕け機」だという。これは、チェストというアイテムを収める箱を 22 列に 2 つずつ、計 44 個並べ、その上や横にホッパーというアイテムを移動させる仕組みを配置する。さらに信号を制御するコンパレータ―やリピーター、信号を発生するトーチを配置する。これらをうまく考えて組み立てると、一番端のホッパーにアイテムを投げ入れると、自動的にアイテムがホッパーの中を送られていき、それぞれ分別されてチェストに入れられるのだ。

個々のブロックには基本的な仕組み、動作が組み込まれている。それらを組み合わせて一連の働きをする仕掛けを作る。これは、まさに、イベントドリブン型のオブジェクト指向プログラミングの思考力を要する作業だ。

こうしたレッドストーンの信号を応用した仕組みを組み立てる作業は、間違いなく論理思考、とりわけ現代的プログラミングの思考力に重なり合っている。「マインクラフトとプログラミング教育」というものが俺のテーマの一つだったが、わが子の姿を見ていて気付かされたことは、大人があれこれ理屈をつけて「教育」に結びつけなくても、子供は自然に価値のあることを見つけ、遊び感覚で論理的思考を養っているということだ。

Written by Yoshio Matsumoto

2017年5月5日 at 8:40 AM

角型 9V の 006P 乾電池から再び Surface Pro 3専用 Surface ペンで使うための AAAA 単6乾電池を取り出す。今回ははんだ付けしなくてもいいように考えた。ニッパーとペンチだけで作業完了。

with one comment

以前に Surface 専用ペンの乾電池、単6乾電池、AAAA 型の乾電池を、9V 006P 角型乾電池から取り出して使うことを紹介した。

もはや角型 9V の 006P 乾電池は積層電池ではないのか – Surface Pro 3専用 Surface ペンで使うために 006P 乾電池を分解して AAAA 単6乾電池を取り出すとプラスとマイナスが逆形状だった
https://matsumotoyoshio.wordpress.com/2016/02/21/%e3%82%82%e3%81%af%e3%82%84%e8%a7%92%e5%9e%8b-9v-%e3%81%ae-006p-%e4%b9%be%e9%9b%bb%e6%b1%a0%e3%81%af%e7%a9%8d%e5%b1%a4%e9%9b%bb%e6%b1%a0%e3%81%a7%e3%81%af%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%ae%e3%81%8b-s/

ところがこのときは、きれいに分解することに意識が集中しており、乾電池の凹凸まで考えずに分解してしまった。そのため、プラス極の凸形状がなかったために強引なはんだ付けをしなければならなかった。今回は前回をふまえて分解した。はんだ付けをしなくても、ニッパーとペンチだけで端子の形状を変形させることで対応した。

P1490400_mid_640_480

今回も前回同様、100均ショップのダイソーで乾電池を買った。前とは違うパッケージの「new」と書いてあるのがあったので、それを買ってみた。

P1490405_mid_640_480

乾電池の外側には印刷されたアルミフィルムが巻いてある。粘着シートになっているが、比較的むきやすい。ニッパーで端を引っ張ってはがしていく。

P1490407_mid_640_480

外側のアルミシートをはがすと黒いプラスチック製の容器に完全にシールドされている。上部の端子を取ってみたが、かなりきっりと密閉されている。

P1490410_mid_640_480

そこで強引にだが、角を狙ってニッパーで剥いていくことにした。プラスチックは見た目より柔らかく、簡単に壊すことができた。

P1490413_mid_640_480

端子側の上部を剥がしたところだ。白いシートの向こう側に AAAA 型の乾電池が 6 本並んで入っている。

P1490417_mid_640_480

白のプラシートを外すと、中はこんなかんじ。6 つの乾電池が直列につながれている。

P1490421_mid_640_480

プラケースから取り出そう。

P1490426_mid_640_480

こんな感じで端子がつながっている。ニッパーかペンチでひねりながら外そう。このとき、乾電池のマークをよく見て、プラス極に鉄片が残るようにマイナス極側を外していく。前回はここで失敗した。プラス極側に鉄片を残さず、全部剥がしてしまった。

P1490439_mid_640_480

こんなふうにプラス極側の鉄片はついたままにしておく。

P1490445_mid_640_480

そしてニッパーやペンチで鉄片を折り曲げ、ある程度の厚さに収まるように畳み込む。できたら Surface ペンに装填しよう。

P1490433_mid_640_480

いいかんじだ。

P1490435_mid_640_480

快適。

P1490451_mid_640_480

角型乾電池を 1個分解すると 6個の AAAA 型乾電池が取れる。5 本は乾電池ケースに入れてしまっておこう。

Yoshio Matsumoto called "hotikisu sensei" in America 2016 – Los Angeles, Las Vegas, Grand Canyon, Sedona, Death Valley and Red Rock Canyon – Day 7

leave a comment »

P1310085_mid_640_480

P1310158_mid_640_480

P1310177_mid_640_480

P1310237_mid_640_480

P1310240_mid_640_480

P1310253_mid_640_480

P1310530_mid_640_480

P1310531_mid_640_480

P1310566_mid_640_480

P1310626_mid_640_480