ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

Posts Tagged ‘テキストファイル

C# プログラミング – Visual Studio 2017 で作る Windows Form アプリケーションで起動時にテキストファイルを読み込む。

leave a comment »

教科「情報」の「情報の科学」の授業で、定期的に文字入力のトレーニングをするための簡単なプログラムを作っている。あらかじめ登録されたテキストと同じテキストをテキストボックスに入力し、正しく入力できたか、何文字入力したか、入力にかかった時間は何分何秒か、を記録するトレーニングツールだ。

文字入力トレーニングソフトの画面_mid_640

フォームのイメージはこんなかんじ。テキストボックスは「開始」のボタンが押されるまでは使えないようにしておき、「開始」で時間を計測する。「終了」で時間の計測を終え、入力できた文字列を評価する。

このプログラムを生徒に配布するのだが、入力原稿に相当するテキストを、その都度プログラム内に保存しなければならない。このとき、原稿テキストをテキストファイルにしておき、プログラムを起動するときに読み込むようにした。テキストファイルはプログラムと同じフォルダに置いてもいいが、ファイルが丸見えでは触られてしまう可能性が高いので「settings」フォルダの下に入れることとした。

文字入力トレーニングソフトの画面_002_mid_640_480

プログラムでテキストファイルを読み込むコードは次のとおりだ。

—————————————————————————-

myFileName = @”settings\inputtext.txt”; //テキストファイルの場所を示す
enc = System.Text.Encoding.GetEncoding(“shift_jis”); //エンコーディングを指定

//テキストファイルの読み込み
try
{
myInputTextString = System.IO.File.ReadAllText(myFileName, enc);
}
catch
{
MessageBox.Show(“テキストファイルがありません”);
}

—————————————————————————-

これで、生徒にプログラム本体とテキストファイルが入った「settings」フォルダを一緒に配布すればいい。

2017年4月19日

松本 吉生(まつもとよしお)
Microsoft MVP Data Platform

1961年京都に生まれ、神戸で幼少期を過ごす。大学で応用化学を学んだのち、理科教諭として高等学校に勤務する。教育の情報化が進む中で校内ネットワークの構築運用に従事し、兵庫県立明石高等学校で文部科学省の「光ファイバー網による学校ネットワーク活用方法研究開発事業」に携わる。兵庫県立西宮香風高等学校では多部制単位制の複雑な教育システムを管理する学籍管理データベースシステムをSQL ServerとInfoPath、AccessなどのOfficeソフトウエアによるOBA開発で構築・運用する。現在は兵庫県立神戸工業高等学校でC#プログラミング、IoTなどのコンピュータ教育を行う。2004年からマイクロソフトMVP(Microsoft Most Valuable Professional)を受賞し、現在14回目の連続受賞。2016年にマイクロソフト認定教育者(Microsoft Innovative Educator Experts : MIEE)を受賞。

広告