ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

Posts Tagged ‘データベース連携

SQL Server に都市名を保存しておき Bing Maps から緯度経度値を取得する。そしてWebBrowser コントトールにカスタム URL を使って Bing Map を表示する。

leave a comment »

Bing Maps は単にブラウザを使って地図を表示するだけではなく、様々なオプションが用意されており開発者にとって使いやすい環境を提供している。たとえば Bing Maps のマッピングソリューションとカスタム URL を利用することによって、SQL Server データベースに都市名を取得しておき、データグリッドビューに表示してクリックすることで WebBrowser コントロールにマップを表示するようなアプリケーションを簡単に作ることができる。

BingMapVisualStudio_001_mid_640

試しにテスト用のアプリケーションを作ってみたのが上のものだ。SQL Server には世界各国の首都データがストアしてあり、首都名から Bing Maps API を使って緯度経度値を取得している。その緯度経度値から Bing Maps のカスタム URL を使って地図を WebBrowser に表示している。

このアプリケーションを本校の地理の授業で使ってもらおうと思っている。世界の都市を分類し、単元の目標に応じた地図を世界地図上で示す。拡大縮小をしマップをドラッグすることで地理がわかる。

この Bing Maps を使う Tips については、2019年6月22日(土)開催の .NETラボで解説します。場所は東京品川、日本マイクロソフト本社。

勉強会の申し込みはこちら「connpass」から。
https://dotnetlab.connpass.com/event/133891/?fbclid=IwAR3DsFRd4xIPZ5BO4wUN6HV_atukJCRgPfLp44r-rcfq7QzLdcks2eLvcrk

.NETラボ
http://dotnetlab.net/

2019年6月2日

松本 吉生(まつもとよしお)

Microsoft MVP Data Platform
京都に生まれ、神戸で幼少期を過ごす。大学で応用化学を学んだのち、理科教諭として高等学校に勤務する。教育の情報化が進む中で校内ネットワークの構築運用に従事し、兵庫県立明石高等学校で文部科学省の「光ファイバー網による学校ネットワーク活用方法研究開発事業」に携わる。兵庫県立西宮香風高等学校では多部制単位制の複雑な教育システムを管理する学籍管理データベースシステムをSQL ServerとInfoPath、AccessなどのOfficeソフトウエアによるOBA開発で構築・運用する。2015年から2017年まで兵庫県立神戸工業高等学校でC#プログラミング、IoTなどのコンピュータ教育を行い、現在は兵庫県立神戸甲北高等学校に勤務する。2004年からマイクロソフトMVP(Microsoft Most Valuable Professional)を受賞し、現在15回目の連続受賞。2016年にマイクロソフト認定教育者(Microsoft Innovative Educator Experts : MIEE)を受賞し、現在4回目の連続受賞。

Microsoft Visual Studio LightSwitch 2011を使ってみた – テンプレートとウィザードにより簡単にSQL Serverなどのデータベースと連携する業務アプリケーションを作ることができる

leave a comment »

IMG_8288_mid_640_480

Microsoft Visual Studio LightSwitchのページには「Microsoft Visual Studio LightSwitch は、テンプレートなど使って素早く簡単に業務アプリケーションを作成し、デスクトップやクラウドに展開できる簡易開発ツールです。」とある。Visual Studioはたいへん使いやすい開発ツールであり、書店にいくと初心者向けの解説書がたくさんある。どの本もわかりやすく、C#プログラミングを独習する環境は整っている。しかしほとんどの初心者向けの解説書では、Windows Formをつくりアプリケーションの中でデータを処理することは説明されているが、データベースに接続するアプリケーションを作ろうと思えば敷居がぐっと高くなる。それには「データベース接続アプリケーション開発入門」といった別の解説書があるくらいだ。

いまどきデータ処理を行うとき、SQL Serverなどのデータベース連携抜きに業務アプリケーションは考えられないだろう。データベースに連携しなくてよいなら、ExcelやAccessなどを使えばいいはずだ。いかにデータベース連携アプリケーションを簡単に作ることができるか、その解答が、このMicrosoft Visual Studio LightSwitchだ。

少し使ってみればわかるが、データベースにテーブルさえ作っておけば、Visual Studio LightSwitchではウィザードによってあっというまにデータベース連携のフォームを作ることができる。デフォルトで用意されているテンプレートは、データを閲覧するための「一覧および詳細画面」、「データ検索画面」、データを編集するための「詳細画面」、エクセルのような表の形で編集できる「編集可能グリッド画面、そして新規データを入力するための「新規データ画面」だ。

データに対して処理をしたいとき、デザイン画面からドロップダウンリストで「生徒_Inserted」や「生徒名_Changed」といったメソッドを追加でき、そこに「合計点数 = 中間考査点 + 期末考査点」や「result = 中間考査 + 期末考査」といった式を書くことで演算値を得ることができる。直観的でわかりやすい。

学校で使うなら、欠席時間数、中間考査と期末考査の素点、平常点、などを入力し、評価点を定期考査6割、平常点4割で集計し、ランク付けして10段階評価と5段階評定を自動的に計算する、欠席時間数が所定の時間をオーバーしたら評価は出さない、といったフォームを簡単に作ることができる。またデータをSQL Serverに連携しておけば、入力結果はSQL Serverにストアされる。

Microsoft Visual Studio LightSwitchは全機能を持った評価版を90日間試すことができる。また驚くべきことにアカデミック版なら、今Amazonで調べると4,109円である。Microsoft Visual Studio LightSwitch、まさに学校の教員むけの開発ツールだという印象だ。成績処理などのシステムを改善しようと思っているなら、ぜひこのMicrosoft Visual Studio LightSwitchを使ってみることをお奨めする。