ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

Posts Tagged ‘プログラミング

C# プログラミング – Visual Studio 2017 で作る Windows Form アプリケーションで起動時にテキストファイルを読み込む。

leave a comment »

教科「情報」の「情報の科学」の授業で、定期的に文字入力のトレーニングをするための簡単なプログラムを作っている。あらかじめ登録されたテキストと同じテキストをテキストボックスに入力し、正しく入力できたか、何文字入力したか、入力にかかった時間は何分何秒か、を記録するトレーニングツールだ。

文字入力トレーニングソフトの画面_mid_640

フォームのイメージはこんなかんじ。テキストボックスは「開始」のボタンが押されるまでは使えないようにしておき、「開始」で時間を計測する。「終了」で時間の計測を終え、入力できた文字列を評価する。

このプログラムを生徒に配布するのだが、入力原稿に相当するテキストを、その都度プログラム内に保存しなければならない。このとき、原稿テキストをテキストファイルにしておき、プログラムを起動するときに読み込むようにした。テキストファイルはプログラムと同じフォルダに置いてもいいが、ファイルが丸見えでは触られてしまう可能性が高いので「settings」フォルダの下に入れることとした。

文字入力トレーニングソフトの画面_002_mid_640_480

プログラムでテキストファイルを読み込むコードは次のとおりだ。

—————————————————————————-

myFileName = @"settings\inputtext.txt"; //テキストファイルの場所を示す
enc = System.Text.Encoding.GetEncoding("shift_jis"); //エンコーディングを指定

//テキストファイルの読み込み
try
{
    myInputTextString = System.IO.File.ReadAllText(myFileName, enc);
}
catch
{
    MessageBox.Show("テキストファイルがありません");
}

—————————————————————————-

これで、生徒にプログラム本体とテキストファイルが入った「settings」フォルダを一緒に配布すればいい。

アドミンティーチャーズの「ラボワーク LW11 - Arduino UNO と Netduino 3 でモーターシールドを使い DC モーターを制御する」

leave a comment »

小学校のカーニバルで「マイコンボードで Lチカ体験コーナー」をする – ブース型の体験コーナーで得たこと

leave a comment »

小学校のカーニバル。子供たちが様々な店を企画してみんなを楽しませる、つまり小学校版の文化祭のようなイベントだ。そこで PTA として「マイコンボードで Lチカ体験」というコーナーを出した。部屋は理科室。実験台に Arduino や Netduino のマイコンボードや部品を並べ、子供たちに体験をしてもらうブース型のコーナーだ。

昨年「青少年のための科学の祭典」で同様の出店をした経験から、このようなスタイルで小学生に体験させるにはどのような工夫が必要なのかということが少しわかった気がする。会議用の長机程度のスペースを使い、椅子をならべて数人を集めてマイコンボードの体験を 10分程度でする、終われば次のグループがどんどんやってきて入れ替わるというスタイルだ。

1.その場でプログラミングは無理

できればその場でプログラミングをし、あるいはコードを書くことはしなくても、できたコードを見せてビルドし配置する、ということを体験させたい。しかしブース型の入れ替え制スタイルで、小学生に対しては無理だ。相手が中学生で、パソコンもマイコンボードの数だけあり、同時に少人数、時間もせめて 20分あればできるかもしれない。したがってその場でプログラミングすることはあきらめ、あらかじめマイコンボードにプログラムを入れておくしかない。したがってイベントの目標は「プログラミングを理解する」のではなく「プログラムによってマイコンボードが動作することを理解する」ことにする。それをどういう形で体験し理解させるかを工夫する。

2.いろいろ用意せず体験は 1種類だけにする

計画の段階では「あれもしたいこれもしたい」と思うので、タイプの異なる実習を何種類も用意しようと思う。興味や関心に応じて選んでやってもらおう、と。しかし完全に個別対応ならうまくいくかもしれないが、5~6名の子供に同時に説明し体験させるには、異なる種類のものを同時に説明するのは無理がある。子供たちをきちんとコントロールできないと事故がおこる可能性もある。体験は 1種類だけにし、応用で見せたいものはすぐできるように用意しておき、見せるだけにする。

3.人数は同時に 10人くらいはできる

きちんと準備ができていれば、小学生なら 10人くらいは同時に対応できることがわかった。同じことをやるなら小学生は友達どうしで見比べながら作業ができる。そのためには机は広いほうがいい。昨年の「青少年のための科学の祭典」では会議用の長机を使ったが、今回は小学校の実験室だったので実験台を使わせてもらった。実験台は奥行きが広いのでマイコンボードや部品を並べても作業に余裕があった。できれば奥行きのある机に輪のようになって座ってするのがいい。

4.直観的に操作できるように準備する

いちいち説明書きを見ながら作業をするのは無理だ。そこで口頭で簡単に説明するだけでいいように、体験は直観的にそうさできるように準備する。回路を作るなら一列に並んだピンに順番にコードを挿していく、3接点のセンサーを使うなら、すだれ型の 3本セットのケーブルを使い、末端には 3ピンのコネクタを取り付けておく、電源のプラスは赤、マイナスは青とブレッドボードの色にあわせておく、などだ。こうしておくと「順番につなぐんだよ」「同じ色をつないでね」「同じ形のところにつないでね」と言うだけでいい。

5.ブレッドボードは難しい

ブレッドボードを小学生に理解させるには、このようなブース型の体験コーナーでは無理だ。まずブレッドボードの内部配線を理解しなければ、どのように回路がつながったのかわからない。実際に小学生にブレッドボードを使わせてみると、LED が光る回路を作ることができても、なぜ光ったかが実感できないでいるようだ。ほとんどの子は光ったことは喜んでも、なんとなく納得しがたい顔をして帰っていく。もし LED を直接光らせる体験をさせたいなら、ブレッドボードは使わずリード線とワニ口クリップを使ったほうがよさそうだ。

6.教材は多めに用意する

きちんと教材を用意しておけば 10人程度は同時に対応できる。スペースに余裕があればもう少し同時に多くに人数でできるかもしれない。そこで教材は想定する数より多めに用意しておくのがいい。また次々にグループがやってきたとき、前のグループでやったものの片付けができていないと待たすことになる。そこで片づけなくても 2回くらいは連続でできるように、同時想定人数の2倍の教材を用意できればさらにいい。

7.電源の管理を工夫する

どのような実習にせよ、マイコンボードや電子回路の実験なら電源を必要とする。回路を組み立てて最後は電源を接続するのだが、AC アダプターを使うのか、乾電池を使うのか、モバイルバッテリーを使うのか。電源ケーブルの引き回しをどうするのか。今回は AC アダプター付きの 7ポート USB ハブを使ったが、USB ケーブルが短くしかも堅かったので使いにくかった。モバイルバッテリーは万一回路が短絡したときに危険かもしれない。電源供給ケーブルのとりまわし、短絡しないケーブル末端の処理、などに配慮する必要がある。小学生には乾電池を使うのがわかりやすく、短絡したときの問題を考えると、内部抵抗の大きなマンガン乾電池を使うことが良いと思われる。

こうした実習は、プランを立ててやってみることで経験が得られ改善の工夫をイメージできる。子供たちは思いもよらない姿を見せてくれる。優れた教員は常に子供たちの様子を観察し、細かな違いを見極める目を持っている。そこで気づいたことを次のプランに組み込んでいく。したがってこうした実践は教える側にとっても貴重な経験である。それにしても小学生に何かを教えるということはエネルギーがいる。やっているときは感じなかったが、2時間ほどの体験コーナーを終えて家に帰ってくると、気が緩んで疲労と睡魔に襲われて夕方まで昼寝をしてしまった。小学校の先生はたいへんだ、ということも実感した。

教科「情報」とプログラミング

leave a comment »

高等学校で教科「情報」が新設され、「情報A」「情報B」「情報C」が選択必履修科目として実施されたのは 2003年、平成 15年の 4月のことだ。今年度で 13年目を終えようとしている。必履修科目とは、日本で高等学校を卒業するためには必ず学ばなければならない科目のことであり、それは文部科学省が学習指導要領で決めている。学習指導要領はおよそ 10年単位で新しいものに書き換わっており、時代の変化に対応しながら必履修科目も変わってきている。選択必履修とは、学習しなければならない科目を一つに決めるのではなく、いくつかの科目の中からどれか一つを選んで学習することになっている科目設定をいう。選択必履修のわかりやすい例として芸術があり、芸術は必履修だが現行の学習指導要領では「音楽Ⅰ」「美術Ⅰ」「書道Ⅰ」「工芸Ⅰ」のうち生徒の興味関心、学校の学習環境などに応じてどれか一つを選択して学習することになっている。教科「情報」も、「情報A」「情報B」「情報C」のうちどれか一つを学習すればよいと設定され、2003年、平成 15年の 4月に高等学校に入学した全国すべての生徒から教科「情報」が選択必履修科目となった。

ところがこの教科「情報」では、当初プログラミングに重きをおかない授業が主流だった。それどころかコンピュータや情報通信ネットワークすら軽んじられた。それには理由がある。

2003年の 4月から新たな科目「情報」の授業を全国の高等学校で一斉に実施しなければならなくなったが、多くの学校で 1年生に週 2時間の授業を実施することになった。これは例えば 1学年 8学級規模の学校で週あたり 16時間の授業が必要になることであり、教員 1名を充てなければならない計算になる。現時点で文部科学省の最新データによると、全国の普通科を擁する高等学校数は 3,824校、普通科に在籍する高等学校生徒数は 2,415,330名であり、この数値に基づくと新たに学校に 1名配置するとすれば 3,800名、生徒数 320名に対して 1名配置するとすれば 2,500名の新たな教員採用が必要となる計算になる。その一方で生徒にとってみれば教科「情報」の授業が増えるかといって、週当たりの授業時間が 30時間から 32時間に増えるわけではない。「情報」の授業が増える一方で減る授業がある。民間企業ならば不要部門を整理して人員を減らし、新たな部門に人材確保するところだろうが公務員はそうはいかない。そこで「理科」や「数学」などの現職教員から教科「情報」の実施に意欲のある、または資質のある教員を選び、通称「認定講習」と呼ばれる一定の講習を受けた者について教科「情報」の免許を交付することにした。この免許講習は 2000年、平成 12年から 2002年、平成14年の3年間に各都道府県で実施され、全国で約9000人の教科「情報」教員免許取得者が誕生したと言われる。

筆者はもと理科の教員で、この「認定講習」の最初の年、平成 12年に参加して免許を取得した。この研修で強い印象を受けたのは、「先生方の得意な分野で授業をしてもらえばいい」という雰囲気だ。敷居が高ければ免許講習を受けようと思う教員が少なくなるためだと感じた。教科「情報」の出発点で、教員は最初から甘やかされたのだ。

総合的な学習の時間や複数の科目に横断的な授業の試み、問題解決型学習などの新しい授業が注目を浴びる中で、教員の中には地域の商店街の Web ページを作成する授業やプレゼンテーションの授業、情報モラルの授業、インターネットを使った国際交流などを展開して実践発表をして注目を浴びる者も出てきた。これらは授業の手法のひとつであって目的ではない。「コンピュータを使わなくても情報教育はできる」や「新聞やテレビなどを題材にして情報教育をする」といったことを言い出す人もいた。誤解を恐れずに言えば、これは勘違いだ。情報はコンピュータを使わなくてもやりとりでき、新聞やテレビも情報源のひとつだが、2003年に、なぜ、情報教育なのかといえば、コンピュータやインターネットが社会の主要な原動力になりつつあったからである。実際この 13年間で当時の予想を超えるスピードでコンピュータやインターネットが私たちの社会を変えてきた。

筆者は一貫してコンピュータとインターネットを中心にして授業を展開すべきだと主張し、実践してきた。もとは理科の教員であったということから、教科書に書かれていることを実験し体験的に理解する授業を重視した。たとえばテキストデータやビットマップ画像をバイナリエディタで開いて 2進数の値を調べることやネットワークのコマンドを体験すること、Web サーバーや電子メールサーバーを立てて管理すること、データベースを体験すること、簡単なプログラミングをすること、などだ。これらのことは、2009年9月の数研出版の機関紙「i-Net」第26号に書いたり、2009年10月に「高校での情報教育の現状と学会への期待 」の題で一般社団法人情報処理学会の雑誌に寄稿したりした。

「数研出版」情報通信 i-Net バックナンバー目次
http://www.chart.co.jp/subject/joho/joho_inet.html

数研出版「i-Net」第26号 2009年9月「教科「情報」6年間の総括と情報科教員に求められること」
http://www.chart.co.jp/subject/joho/inet/inet26/inet26-2.pdf

未来のコンピュータ好きを育てる: 10.高校での情報教育の現状と学会への期待
http://ci.nii.ac.jp/naid/110007386933

しかし振り返ってみれば、これら「ボタンの掛け違い」に始まったと思える教科「情報」の出発は、いきなり何千二人もの情報科教員を採用することや他教科の教員を整理することもできない行政的な事情があったわけで、政策的に避けがたいことであったともいえる。しかし教科「情報」も学習指導要領の改訂により「社会と情報」と「情報の科学」の 2科目に整理され、次期学習指導要領では「情報Ⅰ」のような単独櫃履修科目になると予想されている。そしてそこでは「プログラミング」を必ず取り入れることが期待されている。一方で身近には、もはや認定講習で教員免許を取得した先生方は元の教科に戻り「情報の授業はできません」といって断る例が多く、現場の情報科教員は慢性的に不足しているようである。そして大学で専門的に情報を学んだ教員が新採用で教壇に立ちつつある。甘やかされたピンチヒッターの時代は終わった。今こそ教科「情報」を正しく位置づけなおすことができる時だ。

今さら「私はワープロや表計算ソフトの使い方しか教えられません」と言う情報科の教員はいないだろうが、「**しかできません」というのは、たとえば「水泳しか教えられません」という体育の教員や「カレーしか作れません」という家庭科の教員、「夏目漱石だけで授業します」という国語科の教員、「韓国の歴史は教えられますが中国の歴史はわかりません」という地歴科の教員、「アリストテレスなら何時間でも授業できますが現代の政治はわかりません」という公民科の教員、「虚数の授業は得意ですが方程式は解けません」という数学科の教員、「核融合反応は説明できるけれど運動方程式はどうも」という理科の教員、「翻訳はできるが英会話は苦手で」という英語科教員に等しいのではないか。教科「情報」の教員なら、学習指導要領に示されている項目、教科書に書かれている内容は、生徒の興味関心や実態にあわせて奥深さに差はあっても、すべて授業で取り入れることができなくてはならないはずだ。もちろんプログラミングもだ。

次期学習指導要領は 2016年度、平成18年度中に答申され、新指導要領は、小学校が平成32年度、中学校は平成33年度、高等学校は 2022年度、平成34年度から全面実施される予定という。このまま何もせずずるずると 6年経ち「私はプログラミングは教えられません」と開き直る教員が続出することを防ぐためには(1)行政がきちんと計画的に教員の研修プログラムを策定すること(2)教育研究会などは既知の経験から授業実践や教材をまとめること(3)現場の教員は自ら研修と授業開発をすること、が必要だと考える。

マイクロソフトは世界中の人々をみなプログラマーにする。プログラミング革命。世界が変わる。

leave a comment »

このタイトルを見て、同意できない人もいるだろう。テクノロジーやプログラミングに習熟している人ほどそう思うかもしれない。しかし間違いなくプログラミングは身近なものになっており、その速度は加速度を増している。そしてこのことが、世界を大きく変えるに違いない。そしてそれはもはや始まっている。

思い出してみよう。私の世代はコンピュータの誕生とともに歩んできたといえる。中学生のとき、私は初めてコンピュータに出会った。それは当時「マイコン」と呼ばれることが通常で、今から比べると貧弱で扱いにくく弱弱しいものだった。しかし私はそのコンピュータに出会ったとき、生まれて初めてのBASICプログラミングを夢中でやり、気が付けば空が明るくなり朝を迎えたという経験をした。

高校生の頃、ウォークマンが世の中に出た。それはカセットテープを使った持ち運びのできる、しかしスピーカーを持たない、イヤホンで自分だけが聴くためのマシンだった。ロックに目覚めた私はウォークマンの初代機を買い、ヘッドフォンをつけて町に出て音楽を聴いた。両親は嘆いた。そんなおかしな恰好をして外に出るな、と。だが今はどうだ。誰もが町で自分だけの音楽を聴いている。

大学生の頃、ようやく実用的なパソコンが庶民にも使える時代になった。就職したとき、勤務先の学校には NEC の 9800 シリーズのマシンがあった。しかしそれは予算がついて購入されたものの、誰も使える人はいなかった。使おうと考える人もいなかった。そこで私は Multiplan の表計算ソフトで成績処理のコンピュータ処理をはじめた。当時パソコンで表計算をすることは、特別な技能を持った人間のすることだった。

就職してしばらくし、ノートパソコンを買った。それは今のように軽量で小型のものではなく、バッテリーの持ちも極めて悪かったが、うれしくて毎日持ち歩き電車の中で物を書いたりした。周囲から奇異な目で見られた。あの人は何をやっているのだ、といったかんじだ。会議でもノートパソコンを使い始めた。ある教育セミナーに出席したとき、講演をノートパソコンでメモしていると隣の席の人から「キーボードの音がうるさいのでやめてくれ」と言われた。ノートパソコンを持ち歩き外出先で何かする、ということは変人のすることだった。今ではどうか。誰もがノートパソコンやタブレット、スマートフォンを外出先で使っている。

ウォークマンで外出先で音楽を聴いたり、表計算ソフトを使ったりモバイルデバイスを使うことは、最初はマニアックな変人のすることであったかもしれない。しかしそれが便利なものなら、必ず真似をする人が出てきて、そのうちに当たり前のことになってくる。プログラミングはどうか。確かにプログラミングは敷居が高い。しかし今では、デスクワーカーのほとんどが Excel の表計算ソフトウエアを使い、多くの人がマクロプログラミングをやっている。なぜか。マクロを使うと定型業務あ楽になるからだ。それがわかると人はマクロを学ぼうとする。マクロを教えるセミナーもある。

Excel でマクロを組めるようになれば、もはや一般のプログラミングも、ほんの目の前にある。Microsoft Visual Studio のようなプログラミングツールは革命的に進化し、とても簡単にプログラミングができる時代になっている。誰もが自分に必要な、仕事上の、家庭の、ホビーでのプログラミングをカジュアルにする時代になるだろう。それは、自動車の運転のように私たちの生活に浸透するだろう。今でも車の運転をしない人がいるが、ほとんどの人が運転免許を取得し、マイカーを運転して買い物へ、職場へ、旅行に行く。それと同様のことがコンピュータやプログラミングの世界でおこるに違いない。

(・・・続く)

yocface_MVP_SQLserver_936_936.png

Microsoft Azure SQL Database を使う – その1 – 概要

leave a comment »

Microsoft Azure SQL Database はクラウド上に展開する SQL Server だ。Microsoft Azure を利用すると、クラウド上にデータベースを構築することができ、サーバー管理の必要なくデータベースを利用できる。Microsoft Azure SQL Database にデータベースを構築し、Windows Form でデータベースアプリケーションを作って利用する概要は次のとおりである。

まず Microsoft Azure にユーザー登録し、SQL Database を作成する。作成した SQL Server データベースの管理は、Microsoft Azure アカウントの管理ポータルで行う。

SQL_Azure_001_mid_640

<Fig.1 : Microsoft Azure アカウントの管理ポータル>

データベースを作成したら、管理ポータルから SQL Database のページへ移動し、デザインのボタンでテーブルを作成することができる。テーブル作成は SQL Server Management Studio のテーブル作成画面とほぼ同じなので、SQL Server のデータベース開発やAccessを使った経験があれば簡単に使うことができるだろう。

SQL_Azure_002_mid_640

<Fig.2 : Microsoft Azure アカウントの管理ポータルからテーブルを作成する>

Visual Studio による開発では、Microsoft Azure アカウントの管理ポータルから、SQL データベース用のスタートプロジェクトをダウンロードする、のリンクをクリックすると、Visual Studio のプロジェクトがダウンロードできる。このプロジェクトには、ここで作成した Microsoft Azure SQL Database がサーバーオブジェクトとして登録されたプロジェクトになっている。

このプロジェクトを Visual Studio Community 2013 で開くと、オンプレミスの SQL Server でデータベースアプリケーションを開発するのとほとんと同じ手順で Windows Form データベースアプリケーションを開発することができる。

SQL_Azure_003_mid_640

<Fig.3 : Microsoft Visual Studio Community 2013 による Windows Form データベースアプリケーション開発>

Microsoft Visual Studio Community 2013 では全くコードを書くことなく、数ステップのウィザードで1対1でテーブルと関連付けるデータベースアプリケーションを作ることができる。ビルドして実行すると Microsoft Aure SQL Dabase のデータを編集することができる。

SQL_Azure_004

<Fig.4 : Microsoft Visual Studio Community 2013 で作った Windows Form データベースアプリケーションを実行する>

データを追加しデータベースに保存する。Microsoft Azure SQL Database にデータがストアされたことは、Microsoft Azure アカウントの管理ポータルでクエリを発行して確かめることができる。たとえば次の SELECT 文を発行する。

——————————————————————–
select ID,sname,sbirthday from students
——————————————————————–

SQL_Azure_005_mid_640

<Fig.5 : Microsoft Azure アカウントの管理ポータルでクエリを発行する>

以上が Microsoft Aure SQL Database にデータベースを作成し、Windows Form データベースアプリケーションで利用する手順だ。Microsoft Azure SQL Database はデータベースをクラウド上にもたせることでサーバーマシンの管理コストをなくすことができ、インターネットに接続できるあらゆる場所から利用することができる。そして Microsoft Azure SQL Database を利用する WIndows Form データベースアプリケーションの作成は、Microsoft Visual Studio Community 2013 を利用するとオンプレミスの SQL Server を利用する場合とほとんど変わらない開発ができ、単にテーブルと1対1のフォームなら全くコードを書くことなく短い時間で開発できる。

片手間プログラマーの復権 – Visual Studio 2013でクライアントサーバー型データベースアプリケーションをあっというまに作る(1) – テーブル接続一対一の一般的な業務アプリケーションは30秒でできる。

with one comment

Microsoft のVisual Studio はアプリケーションソフトを簡単に作れるように進化してきた。とりわけ初心者に対するサポート意識は強く、プログラミングのすそ野を広げることに注力しているように思える。コンピュータが進化するとともに、とりわけインターネット環境が普遍的なものとなった今日では、コンピュータで処理できること、言い換えれば処理しなければならないことが多様化し複雑化しているが、Visual Studio を使えば高度なアプリケーションをますます簡単に作ることができる。

書店にいくと Visual Studio を使った初心者向けの解説書が山ほど目に入る。しかしその多くは、Windows Form を作り、電卓やメモ帳、あるいは簡単なパズルゲームなど、Windows Form で完結する単体のアプリケーションを開発するまでであり、データベースに接続してデータを操作する一般的な業務アプリケーションを作ることは、やはりそれほど簡単なことではなかった。振り返ってみれば2003年に俺は現在の勤務校に異動になり、学校の学籍管理システムを運用することになったが、当時はまだ Visual Studio を使ってもクライアントサーバー型の業務アプリケーションを作ることは難しかった。そこでデータベースを SQL Server とし、まずはデータベースの構築手法を身に付け、クライアントには InfoPath を使うことでクライアントサーバー型のシステムを構築した。教員としての本業の傍ら、いわゆる「片手間プログラマー」として、この選択肢は間違っていなかった。このシステムは極めて低コストでシステムを構築でき、現場のニーズを反映し、かつ柔軟に追加変更可能な学籍管理システムとして今でも順調に動いている。

だが Visual Studio 2010 あたりからデータベース接続の処理が簡単になりはじめ、Visuak Studio 2013 では極めて簡単に SQL Server に接続するデータベースアプリケーションを構築することができる。SQL Server にテーブルができていれば、そのテーブルに対して一対一でデータ編集をするような簡単なクライアントアプリケーションは、たった30秒で作ることができる。まったくもって驚くべき時代になったものだ。俺のような専門職でない「片手間プログラマー」でも業務で使えるクライアントアプリケーションを簡単に作ることができる時代になったのだ。

IMG_2461_mid_640_480

<fig.1 : Visual Studio 2013 を起動し「新しいプロジェクト」をクリックする>

IMG_2458_mid_640_480

<fig.2 : Visual Studio 2013 で「新しいプロジェクト」をクリックした瞬間からストップウォッチを動かす>

IMG_2460_mid_640_480

<fig.3 : SQL Server のテーブル「生徒」に接続し、生徒情報を編集するアプリケーションを作ってビルドした>

IMG_2459_mid_640_480

<fig.4 : ビルドが完了した瞬間にストップウォッチを止めた>

あっという間に SQL Server に接続するアプリケーションができた。まったくノンコードである。もちろんこのアプリケーションには余計な工夫が入っていないので、 SQL Server に接続するとテーブルのデータを全部取得し、単純にデータを変更して送信することや新しいデータを手作業で加えることなど、基本的な操作しかできない。しかし、これほど簡単にクライアントアプリケーションができるということは驚愕である。

Microsoft 社は開発者を支援する視点を大切にしており、常により簡単に、より効率よくプログラミングができる環境を提供することに努力を怠らない。プログラミングは今後もますます身近なものになり、俺のような「片手間プログラマー」が活躍する時代になるだろう。焦ることはなく、いまできないことも、いつか必ず Microsoft が実現してくれることを信じて、目の前の技術に真摯に向き合っていればいい。Microsoft 社は Visual Studio 2013 でデータベースアプリケーション開発の革命を成し遂げたと言っていいだろう。

<次の記事>
「片手間プログラマーの復権 – Visual Studio 2013でクライアントサーバー型データベースアプリケーションをあっというまに作る(2) – テーブル接続一対一アプリケーションの作成手順」