ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

Posts Tagged ‘ワイヤレスマウス

ワイヤレス接続のロジクール M170 – 無線 USB アダプタが本体にしまい込めるので紛失の心配をしなくていい。そして実際に手にしないとわからないが、手触りがいいデザインだ。

leave a comment »

キーボードやマウスはワイヤレス接続がいい。USB デバイスを多用することもあり、またタブレットではそもそも USB コネクタの数が少ないこともあって、できれば Bluetooth 接続ができればいい、と思って Bluetooth マウスをいろいろと試したが、どうも Bluetooth は接続が不安定だ。そこであらためて専用 USB アダプタ接続のワイヤレスマウスを買ってみた。ロジクールの M170 Black だ。

P1500983_mid_640_480

箱から出すと、すでに本体に乾電池が装填されていて、タグを外せば使えるようになっている。「ここを引っ張れ」とうかんじのタグだ。

P1500984_mid_640_480

この無線マウスの秀逸なところは、マウスの本体に専用 USB 無線アダプタを収納できるところだ。下の写真はマウスの裏側のパネルを外したところだが、「logicool」のロゴのあるところが専用 USB 無線アダプタだ。

P1500986_mid_640_480

こうやって取り外して使う。

P1500991_mid_640_480

そして手触りがいい。こればかりはネットで写真を見るだけでは伝わりにくいのだが、次の写真でわかるだろうか。マウス全体がややざらつき感のある素材でできており、かつ側面、親指と薬指で挟むようにあたる部分に、細かな三角形をランダムに配置した凹凸がデザインしてある。これにより、持った時の手触り感がいい。

P1500997_mid_640_480

全体を持った時のホールド感もいい。愛用のマウスになりそうだ。

P1500993_mid_640_480

P1500983_mid_640_480

Written by Yoshio Matsumoto

2017年5月13日 at 1:36 PM

Microsoft Surface RTでパソコン用のUSBデバイスを利用する – 2.4GHz Bluetoothを採用したプレゼンター機能付きレーザー方式5ボタンワイヤレスマウス Microsoft Wireless Notebook Presenter Mouse 8000 を試す–Microsoft Surface RTのPowerPointでは基本的にプレゼンター機能が使えない。

with 2 comments

Microsoft Surface RTでいくつかのパソコン用USBデバイスを試している。パワーポイントでのプレゼンテーションで便利な、いわゆる「プレゼンターマウス」を使ってみた。結論から言えば、普通のワイヤレスマウスとしては使えるが、パワーポイント使用時のプレゼンター機能は利用できない。

IMG_1988_mid_640_480

<Fig.1 : Microsoft Wireless Notebook Presenter Mouse 8000のパッケージ>

IMG_1996_mid_640_480

<Fig.2 : Microsoft Wireless Notebook Presenter Mouse 8000とUSBレシーバー>

IMG_1989_mid_640_480

<Fig.3 : Microsoft Surface RTとMicrosoft Wireless Notebook Presenter Mouse 8000>

IMG_1990_mid_640_480

<Fig.4 : Microsoft Surface RTのUSBポートにプレゼンターマウスのレシーバーを取り付ける>

プレゼンターマウス8000のレシーバーをMicrosoft Surface RTのUSBポートに挿せば自動的にドライバが導入される。マウスを動かせばポインタが動く。基本的なワイヤレスマウスとして使うことはできる。パワーポイントでスライドを作り、マウスを使ってスライド操作をすることもできる。

IMG_1992_mid_640_480

<Fig.5 : プレゼンターマウスを使ってパワーポイントのスライドを作りプレゼンテーションを実行する>

プレゼンターマウスには裏側にパワーポイントと連動するプレゼンテーション専用のボタンがある。スライドを前、後ろに送るボタン、音量を上げる、下げるボタン、空のスクリーンと再生、一時停止ボタン、そしてレーザーポインタだ。

IMG_1998_mid_640_480

<Fig.6 : プレゼンターマウスの裏側にあるプレゼンテーション専用機能ボタン>

もちろんだが、レーザーポインタは使える。だがスライド操作の基本となるスライドを前、後ろに送る機能、空のスクリーンと再生、一時停止のボタンは使えない。またマウス機能時のデジタルインク機能のオン、オフも機能しない。つまり、Microsoft Surface RTではプレゼンターマウスは通常のワイヤレスマウスとしては使えるが、プレゼンター機能は使えないのだ。

しかしこれらのプレゼンター機能のうち、音量を下げる、上げるボタンは機能する。プレゼンターマウスをプレゼンターモードにし、音量を上げる、下げるボタンを押せばMicrosoft Surface RTが音量を変更してくれる。

IMG_1993_mid_640_480

<Fig.7 : プレゼンターマウスの音量ボタンでMicrosoft Surface RTの音量が変えられる>

このことから、プレゼンターマウスのドライバは正しく機能しているが、Surface RTに入っているPowerPointがプレゼンターマウスと連動していない可能性が考えられる。

このとおり、プレゼンターマウスをSurface RTに繋ぐと単なるワイヤレスマウスとして使うことは可能だった。だがプレゼンターマウスはプレゼンテーション時に威力を発揮するので、ぜひPowerPointが対応してくれることを望む。またSurface RTのPowerPointでプレゼンターマウスを使う方法があれば公開してもらいたい。