ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

Posts Tagged ‘十三

わが父、松本昌三。その1。阪急十三駅の駅そば。

leave a comment »

父の一周忌が近づいた。だが俺はあまり「誕生日」だとか「命日」だとか記念日を意識しない。父はいつも俺の心の中にいる。小さなエピソードを思い出し、父との思い出にふける。

父は大学を出てから大阪の図書館に司書として勤めた。大阪市立天王寺図書館だ。その当時、家は京都の太秦にあったので、父は京福電鉄と阪急電車、そして大阪市営地下鉄に乗って天王寺まで通っていた。仕事の話はあまりしない父だったが、失明して転職をせざるを得なかったことから、悩みや苦労が多かったことだろう。

おそらく父は、通勤途中の十三で、この駅そばを食べることを小さな楽しみにしていたのだろう。確かまだ家が京都にあった頃だったから、俺が小学生の下級生だった頃だと思うが、父と何かの折に出かけたとき、阪急十三駅の駅そばを食べたことを思い出す。いまでこそあちこちの駅に駅そば屋が出ているが、当時はこのような駅そばは、まだ珍しかったように記憶する。

そのころ俺はまだ小さかったので、カウンターの下にある荷物置きの棚でそばを食べた記憶がある。背が足りなかったからだ。熱いそばは子供にはむかなかったので、ざるそばを注文してもらった。うまかった。

いまでも十三を経由して出かけるときは、時間がある限りここでそばを食べる。わが息子も、いつか一緒に。

P1510833_md_640_480

広告

Written by Yoshio Matsumoto

2017年6月17日 at 3:15 PM