ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

Posts Tagged ‘輸入ビール

今夜のビール – DOS EQUIS AMBAR 瓶入り355ml

leave a comment »

メキシコビールを試している。日本で有名なメキシコビールといえば、なんといってもコロナビールだろう。味は軽く、栓を抜いたビール瓶にライムを挿し、指でボトルの中に押し込んで飲むことで有名だ。このコロナビールのように、気候の暑い土地ではビールの味は淡白だと思いがちだが、このドス・エキス・アンバーはそうでもない。意外に深みのある味だ。種類としてはラガー、またはアンバー・ラガーに分類されるようだが、味は軽めのエール、といった感じだ。

ドス・エキス・アンバーは歴史があるメキシコの有名なビールで、1900年から生産されているらしい。ドス・エキスは二つのX、という意味で、20世紀を記念するビールとして1900年に発売が開始されたことに由来する名前とのことだ。

IMG_9775_mid_640_480

IMG_9776_mid_640_480

瓶を上から見ると、栓に描かれたXXのデザインが印象的である。

IMG_9777_mid_640_480

輸入者は「リードオフジャパン株式会社」とある。

IMG_9779_mid_640_480

IMG_9780_mid_640_480

Written by Yoshio Matsumoto

2013年9月13日 at 11:46 PM

今夜のビール–MURPHY’S IRISH STOUT 缶 500ml

leave a comment »

マーフィーズ・アイリッシュ・スタウト。輸入された缶の裏に貼られた日本語のラベルには「1856年アイルランドでも有数のコーク醸造所にてジェームズ・J・マーフィーの手により誕生。二つの大戦、アイルランドの市民戦争、何十年という時を超え、現在世界70ヶ国で飲み親しまれています。2002年の英国ブライトン市で開催された国際ビールオリンピックにおいては栄えある金賞を受賞し、世界中にその名を知らしめました。天然素材のみで製造され、フローティング・ウィジット(窒素ガス充填の特殊なプラスチック玉)が缶を開けると共に強力に作用し、パブで飲むなめらかでクリーミィな飲み心地をご自宅でも楽しめます。喉越し麗しく極微な苦味も美味しさを増す要素です。」とある。ここ数日お気に入りで、自宅の常備ビールに加えられた黒ビールだ。

アルコール濃度は公称4%。

IMG_1875_mid_640_480

IMG_1874_mid_640_480

IMG_1876_mid_640_480

IMG_1877_mid_640_480

IMG_1879_mid_640_480

Written by Yoshio Matsumoto

2013年7月13日 at 12:27 AM

今夜のビール – Heineken Lager Beer 缶入り330ml

leave a comment »

学生時代、ちょっとビールの味がわかりだした頃に飲んで「旨い」と思ったビールがこれだった。当時はまだ外国産ビールを飲む機会は今のようにはなかったが、このハイネケンはなぜか飲む機会があった。国産ビールとは違い、香りが高く味が濃いように思えたが、今飲むとむしろ淡白であっさりした味だ。同じオランダビールでもグロールシュとは違う。グロールシュは苦みがしっかりとあるが、ハイネケンは苦みが少ない。

緑色をベースにし、黒地に白抜きでHeinekenのロゴ、そして赤い星は昔からのデザインだが、最近のものは缶の裏側が違うデザインになっている。またハイネケンはキリンビールと提携し、キリンビール株式会社からも発売されているが、これはコルドンヴェール株式会社の輸入品だ。缶のプルトップが緑色なのがキリンビールのハイネケンと違うところだ。

ちなみにビールの本場はドイツだという先入観から、学生時代にはこのハイネケンはドイツ産のビールだと思い込んでいた。そうではなくハイネケンはオランダ産だ。

IMG_1711_mid_640_480

IMG_1710_mid_640_480

IMG_1708_mid_640_480

IMG_1712_mid_640_480

IMG_1713_mid_640_480

Written by Yoshio Matsumoto

2013年7月5日 at 2:22 AM