ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

Posts Tagged ‘運転

アメリカ行きの準備(7) – Microsoft 2012 MVP Global Summit参加のために – 近いものが見えにくいと日本に帰れないかもしれないから

with one comment

「近いものが見えにくくなる」という現象は、いきなりやってくる。俺の場合は2008年の終わりころだった。自分ではまだまだ若いつもりでいたのだが、いきなりやってきたのにはまいった。

しかし手元が多少見えにくくなっても日常的には支障が少ないため特に手当をせず、2009年の春にMicrosoft 2009 MVP Global Summitに行ったのだが、サミット中は特に困ることもなかったが、終わってからレンタカーでドライブしたときに大いに困る場面があった。旅行の最終日、いよいよシアトルタコマ空港SeaTacを目指して運転するのだが、予定では夕方早めに着くはずだったのだが、オレゴン州からワシントン州に入ったあたりで恐らく買い物帰りのワシントン州住民の運転する車での渋滞に巻き込まれ、また間違って国際空港ではないタコマ空港に行ってしまったり、レンタカーを返却する店が空港内になかったりと小さなアクシデントが重なり夜中になってしまったのだ。

暗くなるとなおさら近いものが見えにくくなる。地図やレンタカーを借りた時の書類に目を通すのがとても難しかった。今は当時よりもさらに「近いものが見えにくくなる現象」がすすんでいると思われるので、このままでは夜になると地図を見ることもできなくなってしまう危険がある。そこでこの際に「近いものがよく見える眼鏡」を買った。

IMG_3245_mid_640_480

<Fig.1 : 近いものがよく見える眼鏡>

この眼鏡は常にかけているものではなく、近いものをみるときだけかける眼鏡である。日常的に使うものではないので、100円ショップで買ってみた。それにしてもこの眼鏡をかけると、近くのものが驚くほどくっきりと見える。感激だがちょっと情けない。ちなみにこの眼鏡は、度数によって強さがいろいろあるのだが、念のためかなり強めのものを買ってみた。そこでこれをかけると手元はクリアに見えるが遠くはぼんやりとしか見えなくなる。

IMG_3246_mid_640_480

<Fig.2 : 近いものがよく見える眼鏡の度数>

ところで「近いものが見えにくくなる」という現象を「老眼」と、「ちかいものがよく見える眼鏡」のことを「老眼鏡」と言ってもいいが、ここではその表現は使わないことにする。もしMicorsoft 2012 MVP Global Summitに参加する方で現地であっても、この現象やこの眼鏡についてそういう言い方はしないでもらいたい。

広告

Written by Yoshio Matsumoto

2012年2月20日 at 3:17 AM

アメリカ行きの準備(3) – Microsoft 2012 MVP Global Summit参加のために – 国際運転免許証の交付を受けるには

leave a comment »

IMG_3052_mid_640_480

<Fig.1 : 国際運転免許証>

アメリカで車を運転するには国際運転免許証があればいい。国際運転免許証があれば、ジュネーブ条約加盟国により日本の国外運転免許証で運転できる条約に加盟している国等で車を運転することが基本的にできる。だが場合によっては一部の国では国内法で制限を課している場合があるのであらかじめ調べておくことが必要だ。このジュネーブ条約には94加盟国、2行政地区があり、主なところをあげると、アメリカ合衆国、イタリア、英国、オーストラリア、オランダ、カナダ、シンガポール、スペイン、タイ、大韓民国、トルコ、ニュージーランド、フィリピン、フランス、マレーシア、ロシア、などあり、たいてい日本人が旅行しようとする国で通用するはずだ。

国際運転免許の交付を受けるのはとても簡単だ。兵庫県では明石更新センター、阪神更新センター、神戸更新センター及び但馬免許センターの4か所で行っている。つまり運転免許の更新と同じところで申請することができるのだ。

このうち明石更新センター、阪神更新センター、但馬免許センターは一般の免許更新者でごったがえるすので、いちばんいいのは神戸更新センターに行くことだ。ここは優良運転者と70歳以上の高齢運転者だけを対象にした更新センターで空いているし、場所は兵庫県警の近くにあり、交通の便もいいところにある。神戸市営地下鉄の県庁前駅を降り、地上に出るとすぐだ。

国際運転免許証の交付を受けるには、単に申請だけをすればいい。必要なものは(1)パスポートまたは乗員手帳、出張証明書など渡航を証明する書面、(2)運転免許証、(3)国外運転免許用写真1枚(縦5.0cm×横4.0cm)、(4)印鑑、(5)黒色ボールペン、である。申請費用は2,650円。これは申請時に収入証紙を買う。

IMG_3045_mid_640_480

<Fig.2 : 国際運転免許証申請時の収入証紙領収書>

このうち(1)だが、パスポートでなくても渡航を証明する書面があればいいことになっているが、たとえば航空券などを持って行ってもそれを提出しなければならない。つまりコピーしたものを持って行かなければならないのだ。そこでやはりパスポートを持っていくのが確かである。(3)の写真は通常の証明書用写真やパスポート用写真とサイズが違うので、市中にある多くの自動証明写真撮影機にはない。しかし神戸更新センター内にはこのサイズに対応した自動証明写真撮影機があるので心配しなくていい。センターに行って撮ればいいのだ。ちなみに値段は600円と比較的お得な値段設定になっているので安心していい。(4)の印鑑は忘れがちなので気を付けよう。いまどき印鑑が必要とは、それで何を証明しようとしているか意味がわからないが、申請書類に印鑑が必要だし、交付を受けた時に受領印が必要である。忘れれば印鑑を買いに走らなければならない。一般的な名前の人は100円ショップで間に合うのだろうが。

交付は実に早い。皮肉を込めて言うのだが、本当にこれが行政の仕事かと驚くくらい早い。窓口に書類を出し「椅子に座ってお待ちください」と言われたが、椅子に座ったとたん、と言っても過言ではないくらいに名前を呼ばれた。5分もかかっていない。

気を付けなければならないことは、神戸更新センターの窓口があいている時間が祝日休日を除く9:00~11:00、13:00~16:00だということだ。このあたりはいまだに「お役所仕事」を感じさせられるが、11:00~13:00の昼時はだめだし、夕方も16:00で終わるという早じまいだ。

センター内の自動証明写真撮影機で写真を撮ると2枚つづりの写真ができる。窓口で写真を渡すとこのうちの一枚を使い、もう一枚は返ってきた。「この写真は次の申請時に使いますね」と軽口を言うと苦笑された。国際運転免許証は一年間有効であり、次の申請には6か月以内に撮影した写真を使わなければいけないからだ。うけがわるかったので「じゃあ、弟が申請するときにでも使ってもらうことにしましょうかねえ」と言ったが、こんどは嫌な顔をされてしまった。

もうひとつ。申請の時に「以前に発行した国際運転免許証を返してくださいね」と言われた。この国際運転免許証は期限が終われば返却しなければならないのだ。手元に置いておきたければ、パンチで穴を開け無効にして返してくれるらしい。以前2009年にMicrosoft 2009 MVP Global Summitに行ったときに交付を受けたのだが、そういう記録もちゃんと残っていてパスポート番号に紐づいているようだ。

さらに、前回は運転免許証の裏に備考として国外免許発行のスタンプを押されたのだが、今は押さないらしい。なぜ押さないのかと窓口で聞いたら、今の免許証は裏の備考欄が少ないので押さないことになったんです、とのことだ。俺の運転免許証は平成21年に発行されたものなので、今は違うデザインになっているらしい。だがまだまだ新しい運転免許には変えてもらえない。俺はゴールド免許なので5年間有効なのだ。

なお、ここに書いていることはあくまで2012年2月12日時点のものです。

Written by Yoshio Matsumoto

2012年2月12日 at 12:58 PM