ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

Posts Tagged ‘Amazon

Amazon kindle paperwhite を買った – その3 – Amazon アカウントで kindle paperwhite を登録する

with one comment

先日かった kindle fire は Amazon アカウントが最初から紐づいていたが、この kindle paperwhite はアカウントが紐づいていなかった。Amazon アカウントに紐づいていないと、Amazon で買った電子書籍を読むことができない。

P1510222_mid_640_480

「登録」メニューで「Amazon アカウントを既にお持ちの方」をタップする。

P1510224_mid_640_480

Amazon アカウントとパスワードを入力する。

P1510227_mid_640_480

Amazon アカウントを登録すると、Wi-Fi 経由で購入書籍がダウンロードされる。

P1510229_mid_640_480

マイクロソフト MVP の木澤さんの本をダウンロードできた。これでいい。

<追伸>前回の記事はこれ
Amazon kindle paperwhite を買った – その2 – Wi-Fi の設定をする
https://matsumotoyoshio.wordpress.com/2017/05/21/amazon-kindle-paperwhite-%e3%82%92%e8%b2%b7%e3%81%a3%e3%81%9f-%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%92-wi-fi-%e3%81%ae%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e3%82%92%e3%81%99%e3%82%8b/

広告

Amazon kindle paperwhite を買った – その2 – Wi-Fi の設定をする

with 2 comments

kindle paperwhite をパッケージから出したら、まずやることは充電だ。そしてしっかりと充電できたら、次は本体のセットアップをする。本体のセットアップで最も肝心なことは Wi-Fi 接続の設定だろう。そのために kindle paperwhite の MAC アドレスの値を知る必要がある場合がある。

P1510151_mid_640_480

本体が起動する。おなじみの kindle 起動画面だ。

P1510182_mid_640_480

「はじめましょう」はい。わかりました。次へ。

P1510186_mid_640_480

すると Wi-Fi ネットワークの設定画面が表示される。

P1510190_mid_640_480

「はじめましょう」ではまずWi-Fi 接続の画面が出る。ここで利用できる Wi-Fi ステーションの一覧が表示されるが、我が家のネットワークは単にパスワードだけで認証されるのではなく、MAC アドレスの登録も必要になっている。したがってここで設定することができない。

そこで画面の下部に表示される「Kindle セットアップを後で完了する」をクリックし、いったんセットアップを終了する。

P1510198_mid_640_480

そして kindle のメニューから「設定」を表示し、さらに右上のメニューアイコンをタッチして「端末情報」を開こう。

P1510209_mid_640_480

すると「端末情報」の項目に「Wi-Fi MAC アドレス」の項目がある。これを Wi-Fi 無線ルーターに登録する。

P1510211_mid_640_480_edit

<追伸>前回の記事はこれ。
Amazon kindle paperwhite を買った – その1 – 開封から充電
https://matsumotoyoshio.wordpress.com/2017/05/21/kindle-paperwhite-%e3%82%92%e8%b2%b7%e3%81%a3%e3%81%9f-%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%91-%e9%96%8b%e5%b0%81%e3%81%8b%e3%82%89%e5%85%85%e9%9b%bb/

<追伸2>次回の記事はこれ。
Amazon kindle paperwhite を買った – その3 – Amazon アカウントで kindle paperwhite を登録する
https://matsumotoyoshio.wordpress.com/2017/05/21/amazon-kindle-paperwhite-%e3%82%92%e8%b2%b7%e3%81%a3%e3%81%9f-%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%93-amazon-%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%88%e3%81%a7-kindle-paperwhite-%e3%82%92%e7%99%bb/

Amazon kindle paperwhite を買った – その1 – 開封から充電

with one comment

e-ink を搭載した kindle を最初に見たときは驚いた。このような電子タブレットは液晶しか知らなかったので、まったく紙と同じように見ることができる e-ink に目から鱗が落ちた。最初の kindle は第2世代の kindle2 だった。ホワイトの本体はなんとなくスターウォーズのストームトゥルーパーを想起させたのは俺だけだったのだろうか。パッケージを開け充電ケーブルを差し込んだ瞬間を忘れることはできない。e-ink の表面にあった充電を示す図は、印刷されたシートが貼ってあると思い込んでいたが、それが一瞬のうちに消え、ああ、これが e-ink なのか、と衝撃を受けた。

P1510115_mid_640_480

それから大型の kindle DX を買い、小型で薄く軽量化した第4世代の kindle を買い、以降は大きな変化がなかったのでこれらの kindle を使い続けた。kindle の e-ink は、液晶と違い明るいところでも、というかむしろ明るいところで紙の書籍と変わらない感覚で読めるところだが、ここで革命がおきた。e-ink の周囲に LED 照明をつけた kindle paperwhite の発売だった。

kindle paperwhite は明るいところで読める kindle に、暗いところで読める液晶タブレットの良さを付け加えた電子ブックだ。これには大いに心を惹かれたが、暗いところで本を読むシーンがあまりなかったので買うことなくすぎてきたが、ここにきて第3世代の kindle paperwhite では解像度が 300ppi に高くなった。そして Amazon はプライム会員向けのディスカウントコードを発行した。これは買うしかない。

P1510116_mid_640_480

届いた kindle paperwhite はコンパクトなパッケージに収められている。「本を買った」という実感が感じられるようなデザインになっている。

P1510119_mid_640_480

本体を収めた中箱はスライド式に出てくるようになっている。

P1510121_mid_640_480

このシールを剥がせば開封だ。

P1510122_mid_640_480

中箱の裏にはエンボス加工された amazon のロゴが光る。

P1510126_mid_640_480

パッケージを開けたところだ。この画面も e-ink の画面だ。印刷物ではない。

P1510128_mid_640_480

パッケージの仲は 2段になっており、本体の下には説明書が 2冊と充電用の micro USB ケーブルが入っている。

P1510129_mid_640_480

説明書を取り出したところだ。

P1510134_mid_640_480

micro USB ケーブルは少し硬めのしっかりした長めのものが入っている。

P1510138_mid_640_480

micro USB ケーブルがまとめられた紙にも amazon のエンボス加工ロゴがある。

P1510140_mid_640_480

本体を取り出し、ポリの包みから取り出したところ。

P1510145_mid_640_480

本体は極めてシンプルなつくりで、下部に電源ボタンと micro USB コネクタがあるあけだ。

P1510148_mid_640_480

裏側はややマットな感じの手触りで、さらりとしている。心地よい。amazon のロゴが上側にあり、接続部分はどこにもない。

P1510151_mid_640_480

まずは、しっかりと充電しよう。

<追伸>続きはこれです。
Amazon kindle paperwhite を買った – その2 – Wi-Fi の設定をする
https://matsumotoyoshio.wordpress.com/2017/05/21/amazon-kindle-paperwhite-%e3%82%92%e8%b2%b7%e3%81%a3%e3%81%9f-%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%92-wi-fi-%e3%81%ae%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e3%82%92%e3%81%99%e3%82%8b/

Amazon Kidle Fire を買った。

leave a comment »

Kindle Fire を買った。電子ブックを読むには Kindle が良く Kindle は何台も持っているのだが、それは e-ink の魅力があるからで、液晶画面の Kindle Fire に興味がなかったのだが、いろいろと考えて買ってしまった。その大きな理由は、なんといっても Amazon プライムビデオだ。

P1510086_mid_640_480

Amazon プライムの会員になったのはずいぶん前だが、しばらくはプライムミュージックを聴くことで満足していた。それが変わったのが、Fireスティックを買ってからだった。Fire スティックで映画を観るのは快適だ。無料で見ることができる映画がたくさんある。そしてオペレーションがわかりやすい。観たい映画を探すのが簡単だ。Fire スティックによって、それまでは家に帰ってもテレビを点けたことがなかったが、Fire スティックなら点けて観ようと思わせる。

それから Kindle Fire に興味が出た。Kindle Fire は Amazon プラムサービスにアカウントが紐づき、Prime ミュージックや Prime ビデオを簡単に視聴することができる。このオペレーションの簡単さが素晴らしい。届けられた Kindle Fire はすでにユーザーアカウントが紐づけられており、なんら初期設定をすることなく Amazon プライムのサービスが利用できる。

はっきり言って端末としての完成度はそれほど高くない。普通のタブレットだ。

P1510088_mid_640_480

電源ボタンと音量ボリュームは上側に集中的に配置されている。

P1510092_trim_640_480

裏側には Amazon のロゴがある。ややざらついた表面処理で手触りはいい。

P1510096_trim_640_480

カメラは裏面の上部についている。

P1510100_mid_640_480

やや不満があるのがスピーカーだ。裏面の角にあるが、表からだと聞こえにくい。また本体のボリュームを最大にしても再生音量が小さめだ。おそらく音はイヤホンで聞くことを想定していて、スピーカーは補助的なもの、という位置づけのように思える。

P1510103_mid_640_480

そしてやはり、Kindle Fire を使う一番の特徴は、Prime ビデオの一時保存機能だ。観たい映画をあらかじめ Kindle Fire にコピーしておくことができ、ネットワーク接続がなくても端末だけで映画を観ることができる。このとき、保存できるビデオの本数はストレージの容量により、端末に保存されたビデオを最初に再生するときから 48 時間はオフラインで観ることができるようになっている。

P1510108_mid_640_480

P1510112_trim_640_480

Kindle Fire のおかげで映画を観る機会が増えそうだ。

P1510086_mid_640_480

Amazon で Raspberry Pi 3 Model B 正規流通品が 5,319円

leave a comment »

あまりに保守本流すぎて手を出さなかった Raspberry Pi だが、やはり王道ということでやってみることにした。マイコンボードの世界では比較的に価格が高いものだと思っていたが、日本の Amazon でもこの値段で買うことができるのだ。

やってみたいことは、もちろん、Windows 10 IoT Core のインストールだ。

Raspberry Pi 3 MODEL B Amazon_mid_640

Written by Yoshio Matsumoto

2017年4月3日 at 12:41 AM

とてもかわいい中国製の Bluetooth ミニスピーカー Gshine Waterproof Bluetooth Speaker

leave a comment »

中国製で品質の良いデバイスが日本でも入手しやすくなった。これは Amazon で買った Bluetooth 接続のミニスピーカーだ。防水仕様なので風呂場で使っている。快適だ。

P1470818_edit_mid_640_480

パッケージはこんなかんじ。

P1470819_edit_mid_640_480

大きさがわかるように手のひらにのせてみた。

P1470822_edit_mid_640_480

もちろん Windows Phone で簡単に Bluetooth 接続ができる。

P1470830_edit_mid_640_480

Amazon で 999円。

Gshine Bluetooth Amazon_mid_640

Written by Yoshio Matsumoto

2017年4月2日 at 9:25 PM

書評:クラウドの衝撃 – IT史上最大の創造的破壊が始まった(東洋経済新報社)

leave a comment »

IMG_0551_mid_640_480

「10年後には社内で運用されるサーバはなくなり、すべてがコンピュータ・クラウドに移行する」とは、2007年11月に米マイクロソフトのCEOであるスティーブ・バルマー氏の発言だ。また「世界にコンピュータは5つあれば足りる。1つはグーグル、2つ目はマイクロソフト、そして、ヤフー、アマゾン、イーベイ、セールスフォース・ドットコムだ」とは、2006年11月にサン・マイクロシステムズのCTOであるグレッグ・パパドポラス氏が自身のblogに書いた言葉だ。このグレッグ・パパドポラス氏の言葉は、1943年に当時IBMの社長であったトーマス・ジョン・ワトソンが言ったといわれる「コンピュータは全世界で5台ぐらいしか売れないと思う」を引き合いに出したと思われる。

「コンピュータは全世界で5台ぐらいしか売れないと思う」との言葉は、実際はトーマス・ジョン・ワトソンのものではなく誤った引用だとも言われるが、その真意はコンピュータはとても優秀なので、5台もあれば世界中で必要とされる処理が全部できるようになるだろう、というもののようである。とすれば、まさに今日のクラウド・コンピューティングの時代を予言したかの言葉である。

本書は先のスティーブ・バルマーの言葉とグレッグ・パパドポラス氏の言葉を「はじめに」で引用し、クラウド・コンピューティングの概要をまとめたものだ。

マイクロソフトのクラウド・コンピューティングについては「マイクロソフトは、2008年10月27日、同社のクラウド・コンピューティング戦略の中核となる『WIndows Azure』というクラウド・コンピューティング用の新たなOSと『Azure Platform』というプラットフォーム・サービスをロサンゼルスで開催された同社の年次カンファレンスで発表した。」と書かれ、また「Windows AzureおよびAzure Service Platformは2009年下半期に正式にリリース予定となっている」のように、詳細は書かれていない。本書の発行が2009年2月19日であり、Microsoft Azureのサービス開始は2010年1月だったからだ。その意味ではこの書籍は、マイクロソフトがクラウド・コンピューティング市場へ参加するまでの状況をまとめたものであると言える。

第一章ではクラウド・コンピューティングがグリッド・コンピューティングやユーティリティ・コンピューティングの概念とどう違うのか、またSaaS、HaaS、PaaSというクラウド・コンピューティングの形態の違いなどについて説明される。第二章ではクラウド・コンピューティングを実現するシステムの技術的な説明がされる。ここではマサチューセッツ工科大学のマーティン・リード氏らが2004年の論文で提唱し、グーグルが実装したとされる「エラー忘却型コンピューティング」の概念が説明されている。通常のプログラムはエラーが発生するとプログラムを終了するが、という動作をするが、大規模に分散した疎結合のシステムでは、可用性を優先する必要があるためエラーが発生したとき、その結果を無視して処理を続けるという動作をさせる考え方だ。またアマゾンの経験として、データベースの原則であるACID(原子性、一貫性、独立性、永続性)を保証するデータストアは高可用性が維持できないため、一貫性を多少犠牲にしても高可用性を求めるアプリケーションを優先する、という考え方も示されている。このあたりはクラウド・コンピューティングの概念としてたいへん興味深い。

第五章ではクラウド・コンピューティングを利用する企業側の考え方として、「キャズム理論」の提唱者であるジェフリー・ムーア氏の「コア/コンテクスト」理論から提案している。企業競争力の源泉となるコアな業務であり、かつ万一停止してしまったときに企業の致命的なリスクにつながるミッション・クリティカルな分野には社内リソースを用い、それ以外の分野ではクラウド・サービスを利用するのがよい、という提案だ。また第六章ではクラウド・コンピューティングのためのデータセンターやクライアントPCの活用方法の変化によるハードウエアの変化にも言及されている。

本書の発行日からして、おおよそ2008年までの状況が書かれており、クラウド・コンピューティングの最新の動向を知ることはできない。また詳細な技術情報は書かれていないが、どのような考え方でクラウド・コンピューティングが進められてきたか、といった基本的な考え方と歴史がわかる。またグーグルとアマゾン、とりわけグーグルのクラウド・コンピューティングについて示される例が多い。その意味で、クラウド・コンピューティングの基本を押さえるには良い本だ。

Written by Yoshio Matsumoto

2012年12月23日 at 1:01 AM