ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

Posts Tagged ‘Bluetooth

中国製のポータブル Bluetooth アダプターでオーディオシステムを無線化して Windows Phone から音楽を再生する – YET-M1

leave a comment »

中国製の電子機器を手に入れやすくなった。日本の Amazon サイトでも、おそらく個人事業レベルで中国から輸入代行をしていると思われる業者が安価なデバイスを販売している。今回試したのは、既存のオーディオシステムに取り付けて簡単に無線化する Bluetooth アダプターだ。一応型番は YET-M1 とあるが、異なる型番で微妙に表面印刷や部品の色が違うものがあるようで、おそらく中身は同じではないかと思われる。

P1510670_mid_640_480

パッケージの裏側。

P1510671_mid_640_480

パッケージから出した。本体とミニステレオケーブルが入っている。

P1510673_mid_640_480

本体の片側がキャップになっており、キャップを外すと USB コネクタがある。

P1510675_mid_640_480

USB コネクタの反対側はミニステレオジャックになっている。ここからアナログ音声信号を取り出す。

P1510678_mid_640_480

さて一方オーディオセット側は通常 RCA ピンジャックという接続コネクタになっているはずだ。俺の家にあるオーディオセットもそうなっており、背面からピンコードが取り出してある。ゲームマシンをつないだりパソコンをつないだりすることが多いので、いちいち裏側をごそごそしなくていいようにしている。

P1510679_mid_640_480

そこでステレオミニプラグと RCA ピンプラグの変換ケーブルを用意する。

P1510684_mid_640_480

電源は USB の充電池を使った。eneloop だ。

P1510695_mid_640_480

Windows Phone で Bluetooth 接続をする。

P1510696_mid_640_480

Bluetooth をスキャンすると YET-M1 と表示される。ペアリングする。

P1510700_mid_640_480

そして Scorpions を聴く。

P1510701_mid_640_480

この Bluetooth アダプターは、200 円で買った。ミニステレオケーブルも同梱されていることを考えると、実質 100 円で買ったようなものだ。では実際、音はどうかと言えば、気になるのは無音時のノイズだ。このノイズは、この製品のものなのか、あるいは接続ケーブル、Windows Phone、もしかしたらオーディオセット自体にあるのかもしれないが、ロックのような曲を聴く限りでは気にならないが、クラシックや現代音楽などを聴くときには気にならざるを得ない。

しかし、オーディオのオペレーションが手元のスマートフォンなどのデバイスでことロールできる便利さはいい。まだ慣れないので、音を大きくしようと思わず椅子から立ち上がってオーディオセットに向かい、ああ、そうだ、手元の Windows Phone を操作すればいいのだ、と思い直すことがあったが、慣れればこれほど便利なものはない。

広告

Surface Pro 3 に Microsoft Bluetooth Mobile Keyboard 6000 と中国製の Bluetooth マウスを接続する

leave a comment »

Surface Pro 3 はとてもいいデバイスだが、文字入力を真剣にやろうと思うとタイプカバーでは物足りなくなる。そこで Bluetooth のキーボードとマウスを使っている。キーボードはマイクロソフト製のモバイルキーボード Microsoft Bluetooth Mobile Keyboard 6000 で、マウスは中国製のものだ。

P1480032_mid_640_480

この中国製の Bluetooth マウスはたいへん安価なもので、質感は安っぽいが軽くて薄く、持ち運びには便利な形だ。

P1470932_mid_640_480

Surface Pro 3 で Bluetooth の接続をスキャンすると、Bluetooth Mouse という名前で検索される。ペアリングをすれば自動的にドライバを登録して接続できる。

P1470933_mid_640_480

こんなかんじで完全ワイヤレス化となっている。キーボードの入力感もいいし、使いやすい。

中国製の Bluetooth ヘッドフォン Bluedio HURRICANE TURBINE

leave a comment »

中国製の品質のいいデバイスを日本でも手に入れやすくなってきた。日本の Amazon でも買うことができる。長い間カナル型のイヤホンを常用していたが、久しぶりの密閉型ヘッドフォンだ。

P1470861_mid_640_480

P1470862_mid_640_480

このヘッドフォンは Bluetooth で接続できるが、ミニイヤホンプラグで有線で接続することもできる。添付部品に USB ケーブルとミニイヤホンプラグが付いていた。

P1470863_md_640_480

Windows Phone の Bluetooth で検索すると Bluedio で接続できる。

P1470868_mid_640_480

Amazon で少し前は 1,999円だったが、今は 2,499円になっている。

Bluedio T2S Turbine 2 Bluetoothワイヤレスヘッドホン Amazon_mid_640

Written by Yoshio Matsumoto

2017年4月2日 at 10:38 PM

とてもかわいい中国製の Bluetooth ミニスピーカー Gshine Waterproof Bluetooth Speaker

leave a comment »

中国製で品質の良いデバイスが日本でも入手しやすくなった。これは Amazon で買った Bluetooth 接続のミニスピーカーだ。防水仕様なので風呂場で使っている。快適だ。

P1470818_edit_mid_640_480

パッケージはこんなかんじ。

P1470819_edit_mid_640_480

大きさがわかるように手のひらにのせてみた。

P1470822_edit_mid_640_480

もちろん Windows Phone で簡単に Bluetooth 接続ができる。

P1470830_edit_mid_640_480

Amazon で 999円。

Gshine Bluetooth Amazon_mid_640

Written by Yoshio Matsumoto

2017年4月2日 at 9:25 PM

Microsoft Surface RTにCreative CB2530 Bluetoothステレオヘッドフォンを接続して音楽を楽しむ。2005年に発売されたベッドフォンも使うことができる。

leave a comment »

Creative CB2530 Bluetoothヘッドフォンは2005年に発売された、Bluetoothヘッドフォンとステレオミニプラグで音楽プレイヤーと接続するBluetoothトランスミッターのセットだ。このヘッドセットの利用シーンとしては、Bluetoothでないパソコンやオーディオ機器にトランスミッターを接続し、無線で接続するというものだが、もちろんBluetooth規格になっているのでBluetooth対応のパソコンなどで直接接続することもできる。Bluetoothのバージョンは不明だが、Bluetooth 2.0のリリースが2004年11月のようなのでおそらく2.0だろう。

IMG_0390_mid_640_480

<Fig.1 : Creative CB2530 Bluetoothステレオヘッドフォン>

IMG_0391_mid_640_480

<Fig.2 : Creative CB2530 BluetoothステレオヘッドフォンのBluetoothロゴマーク>

IMG_0392_mid_640_480

<Fig.3 : Creative CB2530 Bluetoothステレオヘッドフォンの製品番号ラベル>

IMG_0393_mid_640_480

<Fig.4 : Creative CB2530 Bluetoothステレオヘッドフォンの電源スイッチ>

Creative CB2530 Bluetoothステレオヘッドフォンには多くのBluetooth機器にあるペアリングのボタンがない。電源スイッチを入れるとペアリングが働くようになっている。

IMG_0395_mid_640_480

<Fig.5 : Microsoft Surface RTでBluetoothデバイスの追加を行う>

Creative CB2530 Bluetoothステレオヘッドフォンの電源スイッチを入れたらMicrosoft Surface RTに近づけ、Bluetoothのアイコンをクリックして「Bluetoothデバイスの追加」を行う。

IMG_0396_mid_640_480

<Fig.6 : Microsoft Surface RTのBluetoothデバイスの追加画面>

「デバイスの追加」メニューが出たら「+」をクリックする、するとMicrosoft Surface RTはBluetoothデバイスを検索し始める。

IMG_0397_mid_640_480

<Fig.7 : Microsoft Surface RTがBluetoothヘッドセットCB2530を検出した>

デバイスを検出したら、検出した「CB2530 Bluetoothヘッドセットのアイコンをクリックし、設定を次へすすめる。

IMG_0398_mid_640_480

<Fig.8 : Microsoft Surface RTがCB2530 Bluetoothデバイスを接続中>

IMG_0401_mid_640_480

<Fig.9 : Microsoft Surface RTがCB2530のデバイスを追加>

IMG_0404_mid_640_480

<Fig.10 : Microsoft Surface RTにBluetoothヘッドフォンを接続しSlapp Happyのアルバムを聴く>

最初にも書いたが、このヘッドフォンは2005年の製品でずいぶん古いものだが、Microsoft Surface RTで使うことができる。このようにパソコン用の周辺機器との互換性があるところがSurface RTの利点といえる。