ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

Posts Tagged ‘Digispark

神戸三ノ宮で開催したアドミンティーチャーズの「ラボワーク LW03 – マルチファンクションシールドを使ったシフトレジスタとダイナミック点灯のプログラミング」

leave a comment »

「ラボワーク」と題してこの 2月から兵庫県神戸市中央区、JR三ノ宮駅近くの会議室を借りて勉強会をやっている。今回は 3回目で、実験用のマルチファンクションシールドを使ったプログラミンを体験した。

マルチファンクションシールドは Arduino UNO 用に作られた実験用シールドで、昔の言い方では「ドーターボード」と呼ばれる一種の拡張ボードだ。Arduino UNO のI/Oピンにあわせて作られているが、必要なピンだけジャンパケーブルでつなげば他のマイコンボードでも使える。

P1140072_mid_640_480

このマルチファンクションボードには 4つの 7セグメント LED チューブ、3つのボタン、4つの LED、ブザー、ポテンショメーター(ボリューム)がついている。これらの部品をマイコンボードでテストしようと思えばブレッドボードで回路を組んでもいいのだが、このように基盤に取り付けられていると簡単に実験できる。ラボワークではマルチファンクションシールドと Arduino UNO、Digispark などを人数分用意した。

P1130534_mid_640_480

Arduino UNO でマルチファンクションシールドを使うには、そのまま上に載せればいい。

P1130543_mid_640_480

Arduino UNO を使う場合は上に載せるだけだが、Digispark で使う場合は次のように 5本のジャンパワイヤーで接続する。3本はデータ送信用、2本は電源供給用だ。

P1140074_mid_640_480

P1130536_mid_640_480

Digispark は前回のラボワークではオンボードの LED をコントロールしただけだったので加工の必要がなかったが、今回のようにジャンパワイヤーで I/O を接続するには I/O ピンをはんだ付けしなければならない。I/O ピンがついていない Digispark のためにはんだごてを用意した。

P1130538_mid_640_480

プログラミングは各自のコンピュータで Arduino IDE を使って行った。プリントを用意してサンプルコードを簡単なものから実用的なものまで用意して体験した。

P1130546_mid_640_480

マルチファンクションシールドには 4つの 7セグメント LEDチューブが載っている。この LEDチューブはシフトレジスタ 74HC595を介して接続されている。74HC595は汎用シフトレジスタで、3本のコントロール信号でシリアル信号を8ビットのパラレル信号に変換することができる。マルチファンクションシールドにはこの 74HC595が 2つ搭載されており、ひとつは 7セグメントの形を決め、もうひとつは出力する LEDを決める。

シフトレジスタの使い方とダイナミック点灯の概念を理解するサンプルコードを用意し、LEDチューブの形と点灯させるチューブの選択、ビットパターンの関係を表にしてイメージできるようにプリントを用意した。

P1130548_mid_640_480

P1130542_mid_640_480

「ラボワーク」は毎月第一土曜日の夜やっている。次回は 5月7日(土)の夜、19:00から。詳細は「アドミンティーチャーズ」の Webで。

広告

3月5日(土)、神戸三ノ宮で行った「ラボワーク LW02 – Digispark 切手大の小さい Arduino を使う」

leave a comment »

アドミンティーチャーズ「『ラボワーク LW02 – Digispark 切手大の小さい Arduino を使う』の報告」
https://adminteachers.wordpress.com/2016/03/28/%e3%80%8c%e3%83%a9%e3%83%9c%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af-lw02-digispark-%e5%88%87%e6%89%8b%e5%a4%a7%e3%81%ae%e5%b0%8f%e3%81%95%e3%81%84-arduino-%e3%82%92%e4%bd%bf%e3%81%86%e3%80%8d%e3%81%ae-2/

今回の「ラボワーク」では、参加のみなさんがご自分のパソコンをお持ちになったので、実際に環境を整えたりスケッチを書いたりという実践的な実習ができた。とてもよかった。今回の「ラボワーク」では、次のようなことをした。

・切手大の Arduino の亜種といえる Digispark を使ってみる。
・Arduino IDE で Digispark を開発するための環境を整える。
・Digispark と PC 間のインタフェースについて知る。
・Arduino IDE を使って簡単な「Lチカ」プログラミングをして Digispark を動かす。

Digispark は USB インタフェースの形状が異なるものを 2種類用意した。ひとつはむき出しの USB コネクタがボード上に形成されているもので、もうひとつはボードにマイクロ USB コネクタが付いているも。むき出し USB コネクタのものはケーブル不要で直接パソコンに挿すことができるので便利だ。どちらの Digispark も中身は同じ。

Digispark は Arduino IDE で開発することができるが、Digispark 用のボードマネージャーを適用する必要がある。ここで現在、Digispark 開発用に提供されているボードマネージャーが、Arduino IDE のバージョンによっては動かないという現象がある。Windows 用の Arduino IDE では、1.6.5 では正しく適用されることがわかっているので、異なるバージョンの Arduino IDE を使っている方には 1.6.5 をインストールしなおしていただき、その後 Digispark 用のボードマネージャーを適用していただいた。

Digispark は他の Arduino と異なり、パソコンとのインタフェースは USB – シリアル変換ではない。パソコンからは Digispark はキーボードやマウスと同様の HID (Human Interface Device) として動作する。したがって固有のデバイスドライバを導入する必要がなく、標準の HID ドライバが適用されればいい。スケッチを導入するには、まず Arduino IDE で「マイコンボードに書き込む」ボタンを押してから USB に Digispark を挿す。Digispark は通電後、数十秒間はプログラム転送モードになり、その間にスケッチが導入される。スケッチの導入が終われば自動的にリセットし、プログラムが動き始める。

Digispark にはオンボードで LED が 1個ついているので、スケッチでオンボードの LED を点滅させるスケッチを作って確かめた。点滅速度を変更したり、PWM でフェードイン、フェードアウトの光らせ方を体験したりした。

次回は 4月2日(土)。テーマはプログラミングとし、シフトレジスタでコントロールする LED チューブの点灯と、ダイナミック点灯のプログラミングを考えている。前回同様 12 名の定員の小さな会議室を予約しているので、希望の方は早めに申し込んでください。数日中にアドミンティーチャーズのサイトで告知します。

アドミンティーチャーズ Web
https://adminteachers.wordpress.com/

P1120096_mid_640_480