ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

Posts Tagged ‘Microsoft

2019-2020 Microsoft Most Valuable Professional (MVP) Data Platform を受賞しました。

leave a comment »

MVMVP_LOGO_mid_640.png

Microsoft MVP Data Platform を 2019-2020 で受賞しました。私の最初の受賞は 2004年であり、今回で16回目の連続受賞となります。

「私生活でも仕事の面でも私の人生の半分はマイクロソフトの技術とともにありました」と以前どこかで言ったことがありますが、もはや「私の人生のほぼすべてがマイクロソフトの技術とともにあった」と言っても過言ではありません。

私が最初に「パソコン」に出会ったのは、忘れもしない高校3年生の夏でした。そのとき私は大学受験の真っ最中でしたが、化学系の工業大学に進むことを決めていました。実のところ、本当はコンピュータ技術やプログラミングにあこがれていたのですが、高校1年生のときにお世話になった数学の先生から「コンピュータの仕事は厳しいからやめた方が良い」と言われており、また高校時代は化学が面白く成績もよかったので化学系を目指すことにしていました。

私にとっての最初の「パソコン」は高校時代の先輩に借りたものです。その先輩は1歳年上で、文化祭でステージに立った縁で知り合いになった方でした。1年早く卒業し大学に進学していたその先輩が、なぜか夏休みに私の家に「パソコン」を持って現れたのです。そして「面白いから使ってみたら。一晩貸してあげるから」と言い、パソコンを置いて帰られました。

当時の「パソコン」は自分でBASICのプログラムを入力して使うことが基本であり、私はマニュアルを読みながら簡単な計算をさせたり画面にドットや円を描いたりとプログラミングを試しました。なるほど、こうすれば、こうなるのか。と納得しながらプログラミングをしていると、いつの間にか外は明るくなり、次の日の夜明けを迎えたのです。コンピュータやプログラミングはなんと面白い世界なのだろう、とこの時思いました。

しかし大学は化学系と決めていたので、応用化学部を受験し進学することになりました。ところが大学に進んでから、得意だと思っていた自分の化学の知識がとても浅いことに気づかされました。高校化学と大学化学はレベルが全く違っていたのです。そもそも表面的にしか理解していなかった自分、言わば化学のセンスに欠けていたのことがわかりました。

化学の分野で人の役に立てそうもないと思った私は、大学で開講されていた教員養成の授業を受け、教員免許を取得して高等学校の教員になりました。大学時代はNECのPC9801、そしてMS-DOS、教員になってから表計算ソフトを使って成績処理をし、インターネットの時代になってからは校内ネットワークの管理やコンピュータ教室のサーバー管理、多部制単位制高校に異動してからは SQL Server による学籍管理システムの構築、工業高校に異動したときは Visual Studio C# プログラミングとマイクロソフトの技術と共に歩んてきました。

MVPをいただいたのは 2004 年です。当時は多部制単位制高校の学籍管理システムを作らなければならない状況があり、自学自習で SQL Server によるデータベースシステムを開発しました。クライアントアプリケーションを開発する技術はなかったので、Microsoft Office の一員であった InfoPath をクライアントに利用しました。このとき InfoPath について調べたことを情報発信することでマイクロソフト社から評価を得られたのです。

MVPをいただいて驚いたことの一つは、マイクロソフト社の技術に対するオープンな姿勢と変化を恐れない革新性でした。一般のユーザーから見てマイクロソフト社は世界規模の大企業ですが、社内の雰囲気はまるで新興ベンチャー企業のようでした。多くの企業ユーザーを抱え責任を果たすという面と失敗を恐れないチャレンジ精神が同居していることを強く感じました。それは今のマイクロソフト社でも同じです。もう一つはMVPの方々の技術に対する貪欲さと惜しみなく貢献する姿勢でした。それぞれMVPの方はコンピュータ技術の一分野のプロフェッショナルですが、その技術を惜しみなく他のMVPに披露し、そして貪欲に吸収する意欲にあふれています。MVPの方から話をうかがうたびに新しい知見を得ることができ、また具体的に行き詰まっていた技術的な問題を懇切丁寧に教えていただきました。

Microsoft MVP は1年間の賞であるため、連続受賞いただくことはさらに光栄なことです。16回の受賞となりもはや古参の仲間入りと言えますが、今後も新しい技術に貪欲であり、情報発信を続けていく決意を新たにしています。

コミュニティの皆様、MVPの仲間たち、そして Microsoft MVP 事務局の方々に御礼申し上げます。

2019年7月3日

松本 吉生(まつもとよしお)

Microsoft MVP Data Platform
京都に生まれ、神戸で幼少期を過ごす。大学で応用化学を学んだのち、理科教諭として高等学校に勤務する。教育の情報化が進む中で校内ネットワークの構築運用に従事し、兵庫県立明石高等学校で文部科学省の「光ファイバー網による学校ネットワーク活用方法研究開発事業」に携わる。兵庫県立西宮香風高等学校では多部制単位制の複雑な教育システムを管理する学籍管理データベースシステムをSQL ServerとInfoPath、AccessなどのOfficeソフトウエアによるOBA開発で構築・運用する。2015年から2017年まで兵庫県立神戸工業高等学校でC#プログラミング、IoTなどのコンピュータ教育を行い、現在は兵庫県立神戸甲北高等学校に勤務する。2004年からマイクロソフトMVP(Microsoft Most Valuable Professional)を受賞し、現在16回目の連続受賞。2016年にマイクロソフト認定教育者(Microsoft Innovative Educator Experts : MIEE)を受賞し、現在4回目の連続受賞。

広告

Written by Yoshio Matsumoto

2019年7月3日 at 11:26 PM

Visual Studio 2019 が米国時間4月2日に公開 – 最新の開発環境をインストールしよう

leave a comment »

Microsoftの統合開発環境、Visual Studioが2019となって米国時間4月2日に公開された。直前のバージョンは2017年3月9日に公開されたVisual Studio 2017なので、およそ2年ぶりのバージョンアップとなる。

Visual Studioの製品ラインナップは時代とともに変化してきたが、Visual Studio 2013からのバージョンには、個人の開発者にはProfessionalエディション相当の機能を無償で利用できるCommunity版がある。Microsoft社は営利企業であるので、無料で使えるCommunity版には利用制限がある。おおまかには、個人開発者、大学関係者、非営利団体従事者、オープンソース開発者、開発者5名以下の中小企業であるが、利用にあたってはMicrosoft社のページなどで確認して使わなければならない。

VS2019installa_001_mid_640

Microsoft社のVisual Studioのトップページには、新バージョンVisual Studio 2019のインストールリンクなど関連情報が並んでいる。

Visual Studio IDE, Code Editor, Azure DevOps, & App Center

このページで、Visual Studio IDEにある「Windows用ダウンロード」のボタンにマウスを重ねると、ダウンロードできるバージョンを選ぶことができる。

VS2019installa_002_mid_640

個人の開発者などCommunity版を利用できるユーザーなら、これをダウンロードしよう。

VS2019installa_003_mid_640

ブラウザの下部にダウンロードするファイルの操作を選ぶメッセージが出るので、「実行」をクリックする。

VS2019installa_004_mid_640

「作業を開始する前に、インストールを構成するためにいくつかの点を設定する必要があります」のメッセージが出る。「続行」をクリックすると、ファイルのダウンロードとインストールがはじまる。

VS2019installa_005_mid_640

VS2019installa_006_mid_640

VS2019installa_007_mid_640

まずインストーラが起動するので、作りたいアプリケーションのタイプなどを選んでインストールを構成する。ここではデスクトップのデータベースアプリケーションを作ることを想定し、「.NET デスクトップ開発」と「データの保存と処理」を選択している。

VS2019installa_008_mid_640VS2019installa_009_mid_640

「インストール」をクリックすると、ファイルのダウンロードとインストールがはじまる。

VS2019installa_010_mid_640VS2019installa_011_mid_640

インストールが完了したら、マイクロソフトアカウントでサインインをするウィンドウが表示される。

VS2019installa_012_mid_640

マイクロソフトアカウントでサインインをすると、ユーザー名が表示される。

VS2019installa_014_edit_mid_640

しばらく待つとVisual Studio 2019が起動する。起動画面はとてもシンプルだ。

VS2019installa_015_mid_640

2019年4月13日

松本 吉生(まつもとよしお)

Microsoft MVP Data Platform
京都に生まれ、神戸で幼少期を過ごす。大学で応用化学を学んだのち、理科教諭として高等学校に勤務する。教育の情報化が進む中で校内ネットワークの構築運用に従事し、兵庫県立明石高等学校で文部科学省の「光ファイバー網による学校ネットワーク活用方法研究開発事業」に携わる。兵庫県立西宮香風高等学校では多部制単位制の複雑な教育システムを管理する学籍管理データベースシステムをSQL ServerとInfoPath、AccessなどのOfficeソフトウエアによるOBA開発で構築・運用する。2015年から2017年まで兵庫県立神戸工業高等学校でC#プログラミング、IoTなどのコンピュータ教育を行い、現在は兵庫県立神戸甲北高等学校に勤務する。2004年からマイクロソフトMVP(Microsoft Most Valuable Professional)を受賞し、現在15回目の連続受賞。2016年にマイクロソフト認定教育者(Microsoft Innovative Educator Experts : MIEE)を受賞し、現在4回目の連続受賞。

校務支援システムの更新 – 02 – 既存システムからエクスポートしたデータを加工してはいけない – そのままインポートできるように SQL Server のテーブル設計をしよう

leave a comment »

sql_server_management_studio_001_mid_640_480

学校の校務支援システムの運用には様々な課題があるが、とりわけ大きい課題がシステム移行時に発生する。既存システムから生徒の氏名住所などの基本情報や、履修情報、成績情報を新システムに移行しなければならないが、その作業と責任は、そのときの学校の担当教員に負わせられることとなる。既存システムの業者も、新システムの業者も、一定の技術情報は提供しても作業に関してはどちらも助けてはくれない。

学校として学籍管理のデータを扱う場合、管理の手法はシステムによって異なる。生徒の氏名や住所、生年月日などの基本データに大きな違いはないだろうが、教科科目の情報、成績管理の手法はシステムによって違いが大きいと考えられる。既存のシステムからエクスポートしたデータを新システムでそのまま使えるとは考えにくい。

そこでデータ処理をする必要がおこるが、業者がデータ移行ツールなどを用意することはない。そこでデータ移行においてデータ処理をする必要が生じるが、これをエクセルなどの表計算ソフトで行うと重大な間違いがおこる危険がある。また一度で完全に移行できることも考えにくいので、ある程度の試行錯誤が必要となる。そのたびに表計算ソフトでデータ加工をしていては手間がかかりすぎ、また事故がおこる危険が大きい。

そこで SQL Server にデータを読み込んで処理することが最も正しい解決策だ。できれば既存システムから SQL クエリによってデータを読み出したいところだが、それができなければ何らかの形でデータをエクスポートすることになるだろう。多くのシステムでエクセルや CSV の形式でデータを取り出すことができるようになっているはずだ。

sql_server_management_studio_006_mid_640

このとき、既存システムで使われるフィールドと新システムで使われるフィールドに違いがあったとき、これを表計算あるいは CSV のデータ上で加工してはいけない。もし新システムで使わないデータフィールドがあったとき、心情的にはデータを切り捨ててインポートしたい欲求は理解できる。余計なフィールド設定をせずに済ませたいだろうからだ。

またフィールド名を修正したい欲求にもかられる。しかしエクスポートしたデータを手作業で加工してはいけない。既存システムからエクスポートしたデータは、そのまま SQL Server にインポートできるようにテーブルを作っておくべきだ。

sql_server_management_studio_003_mid_640_480

データの移行は一回で終わることは、まず、ない。既存システムのデータを新システムにインポートするには、何度かの試行錯誤が必要となるはずだ。またすべてのデータを一度に移行しようとして間違いがあれば修正も困難になる。小さなデータを試験的に移行しながらチェックを繰り返し、うまく移行できることを確かめてから全部のデータを移行するだろう。

このとき、エクスポートしたデータを手作業で加工する工程を挟むと、そのたびに手作業が必要となる。手作業には誤りがつきまとい、とりわけ同じ作業を何度も繰り返していると誤る危険性が高くなる。

新システムで使わないフィールドの設定はせずに済ませたい、おかしなフィールド名は修正したい気持ちになることは理解できるが、ここで手間を惜しまず、エクスポートしたデータは無修正でそのままインポートできるように SQL Server のフィールド設計をしよう。

2019年1月2日

松本 吉生(まつもとよしお)

Microsoft MVP Data Platform
1961年京都に生まれ、神戸で幼少期を過ごす。大学で応用化学を学んだのち、理科教諭として高等学校に勤務する。教育の情報化が進む中で校内ネットワークの構築運用に従事し、兵庫県立明石高等学校で文部科学省の「光ファイバー網による学校ネットワーク活用方法研究開発事業」に携わる。兵庫県立西宮香風高等学校では多部制単位制の複雑な教育システムを管理する学籍管理データベースシステムをSQL ServerとInfoPath、AccessなどのOfficeソフトウエアによるOBA開発で構築・運用する。2015年から2017年まで兵庫県立神戸工業高等学校でC#プログラミング、IoTなどのコンピュータ教育を行い、現在は兵庫県立神戸甲北高等学校に勤務する。2004年からマイクロソフトMVP(Microsoft Most Valuable Professional)を受賞し、現在15回目の連続受賞。2016年にマイクロソフト認定教育者(Microsoft Innovative Educator Experts : MIEE)を受賞し、現在4回目の連続受賞。

校務支援システムの更新 – 01 – データ移行は現場教員の責任となる – データ移行作業は SQL Server を使おう

leave a comment »

高等学校の成績処理などにデータベースを使うようになったのは、単位制や総合学科など講座の選択肢が多い学校ができてからだ。基本的にクラス単位で授業を行う普通科高校では、出欠や成績の管理にデータベースを使う必要はなかった。クラス単位で紙ベースの出席簿や成績伝票での処理で十分だったからだ。しかし生徒が多くの講座に分かれて受講する単位制や総合学科の高校では、紙ベースの処理が不可能だ。

筆者も他部制単位制の兵庫県立西宮香風高校に勤務したとき、SQL Server を使った校務支援システムを作り運用した。多くの単位制や総合学科の学校で業者と契約して作られたシステムを運用していたが、新しいタイプの他部制単位制高校に合うシステムはなかったからだ。

近年、単位制や総合学科ではない普通科の高校でも校務支援システムを導入する動きがある。それは普通科の学校でも多様な選択肢を用意した選択講座のカリキュラムを拡大することも背景にある。契約や運用の面からクラウドベースの統一システムを都道府県単位で一括契約するケースも増えてきた。

このような校務支援システムの運用にはいろいろな課題があるが、システム更新のときに大きな課題がある。別システムへの更新時に、過去のデータを移行する作業が必要となるのだ。このデータ移行の作業は現場の教員にまかされる。既存システムの業者も、新しいシステムの業者も、どちらも何もしない。責任もとらない。

データの移行は、そのときの担当教員にとって大きな責任を負わせられるものとなる。在校生の成績データを一つ残らず完全に新システムに移行しなければならない。この作業をエクセルなどでやっていては大きな間違いがおきる危険性がある。データ移行の作業は SQL Server を使うことが最も良い。

sql_server_management_studio_001_mid_640_480

既存システムのテーブルにあわせて SQL Serever にテーブルを作る。既存システムからエクセル形式や CSV 形式でエクスポートしたデータを一括で SQL Server に読み込む。例えば高等学校の校務支援システムでは中学校情報を管理するが、中学校コードは既存システムと新システムで異なることがあるだろう。このとき、まず既存システムの中学校コードと新システムで利用するコードを一括で SQL Server に読み込んでおく。

sql_server_management_studio_002_mid_640_480

sql_server_management_studio_003_mid_640_480

sql_server_management_studio_004_mid_640_480

そして既存システムのコードと新システムのコードを関連付けたビューを作り、これを他の情報と関連させる。

sql_server_management_studio_005_mid_640_480

SQL Server で一元的にデータ処理を行うことで、間違いのないコード変換処理をすることができる。SQL Server で正しい変換テーブルとビューを作っておけば、既存システムからのデータ移行作業を手間なく、そして誤りなく何度もテストし確かめることができる。

2019年1月1日

松本 吉生(まつもとよしお)

Microsoft MVP Data Platform
1961年京都に生まれ、神戸で幼少期を過ごす。大学で応用化学を学んだのち、理科教諭として高等学校に勤務する。教育の情報化が進む中で校内ネットワークの構築運用に従事し、兵庫県立明石高等学校で文部科学省の「光ファイバー網による学校ネットワーク活用方法研究開発事業」に携わる。兵庫県立西宮香風高等学校では多部制単位制の複雑な教育システムを管理する学籍管理データベースシステムをSQL ServerとInfoPath、AccessなどのOfficeソフトウエアによるOBA開発で構築・運用する。2015年から2017年まで兵庫県立神戸工業高等学校でC#プログラミング、IoTなどのコンピュータ教育を行い、現在は兵庫県立神戸甲北高等学校に勤務する。2004年からマイクロソフトMVP(Microsoft Most Valuable Professional)を受賞し、現在15回目の連続受賞。2016年にマイクロソフト認定教育者(Microsoft Innovative Educator Experts : MIEE)を受賞し、現在4回目の連続受賞。

SQL Server 2019 をウェビナーで学習する

leave a comment »

ウェビナーという言葉を最近聞くことがあるが、ウェビナーは「ウェブ」と「セミナー」を組み合わせた言葉で、インターネット上のオンラインセミナーの一形態を指す。オンラインセミナーそれ自体は目新しい概念ではないが、あらためて「ウェビナー」という場合は、教授者も受講者も体感的に心地よく利用できるシステムを使った形態を指すようだ。

SQL Server は SQL Server 2019 が発表され、テクニカルドキュメントなどサイトのコンテンツも充実してきた。マイクロソフトの SQL Server サイトで SQL Server 2019 の詳細情報には「SQL Server 2019 ウェビナー」のリンクがある。

SQL_SERVER_2019_information_mid_640.png

このページから「ウェビナーを見る」をクリックすると、ウェビナーの案内ページが表示され、ユーザー登録するようになっている。

SQL_SERVER_2019_Webiner_registration_mid_640_480

氏名、電子メール、所属名、国名を登録すると、電子メールでウェビナーのリンクが送られてくる。

SQL_SERVER_2019_Webiner_confirm_mail_mid_640.png

このメールから「Click here to join the webinar」をクリックするとウェビナーのページを開くことができる。

SQL_SERVER_2019_Webiner_toppage_mid_640.png

ページの中央の上部にメディアプレイヤーが配置され、ここに動画が表示される。画面の左右には Q&A、登壇者情報、関連情報を示すリソースリスト、アンケート、などが配置されている。これらのウィンドウは表示、非表示を選択できる。

これはいわゆるオンライン教育のコンテンツマネジメントプラットフォームであり、たいへんよくできていると感じる。Webがテキストから動画へ、そして対話的で双方向、インタラクティブ性を活かしたものに進化し、それらをうまくまとめた感じだ。

SQL Server 2019 はウェビナーで学習しよう。

2018年12月23日

松本 吉生(まつもとよしお)

Microsoft MVP Data Platform
1961年京都に生まれ、神戸で幼少期を過ごす。大学で応用化学を学んだのち、理科教諭として高等学校に勤務する。教育の情報化が進む中で校内ネットワークの構築運用に従事し、兵庫県立明石高等学校で文部科学省の「光ファイバー網による学校ネットワーク活用方法研究開発事業」に携わる。兵庫県立西宮香風高等学校では多部制単位制の複雑な教育システムを管理する学籍管理データベースシステムをSQL ServerとInfoPath、AccessなどのOfficeソフトウエアによるOBA開発で構築・運用する。2015年から2017年まで兵庫県立神戸工業高等学校でC#プログラミング、IoTなどのコンピュータ教育を行い、現在は兵庫県立神戸甲北高等学校に勤務する。2004年からマイクロソフトMVP(Microsoft Most Valuable Professional)を受賞し、現在15回目の連続受賞。2016年にマイクロソフト認定教育者(Microsoft Innovative Educator Experts : MIEE)を受賞し、現在4回目の連続受賞。

東京品川、日本マイクロソフトのカンパニーストアで買ったロゴグッズ – 柔らかい厚手の生地でできたパーカー

leave a comment »

これも東京品川、日本マイクロソフト本社にあるカンパニーストアでみつけた。厚手で柔らかい生地でできたパーカーだ。

P1490025_mid_640_480

胸には Microsoft のロゴが燦然と。

P1490024_mid_640_480

色はフードのエッジがピンク。サイズは S で、中学 2 年生の娘に着てもらった。ちょうどいいサイズだ。

P1490063_mid_640_480

季節的に暖かくなりつつあるので、本格的に着てもらうのは次期シーズンになるだろう。

Written by Yoshio Matsumoto

2017年5月30日 at 12:01 PM

マインクラフトのエデュケーション版にプログラミング機能「コードビルダー」が実装された。マインクラフトは本格的なプログラミング教育のプラットフォームになった。

leave a comment »

2017年5月2日にニューヨークで行われたマイクロソフトの教育イベント「Learn what’s next.」でマインクラフトの新しいバージョンと新機能の概要が発表された。マインクラフトには「コードビルダー」が実装され、マインクラフトは本格的なプログラミング教育のプラットフォームになった。

Minecraft_Education_Edition_008

Microsoft Learn what’s next.
https://blogs.microsoft.com/blog/2017/04/12/save-date-learn-whats-next/#sm.001lojei91eiodt7v6o2qn6lbsw18

この新しいマインクラフトのエデュケーション版の大きな特徴は「コードビルダー」と呼ばれるプログラミング機能が実装されたことだ。

マインクラフトのエデュケーション版では、コマンドによって学習者を操作し、ブロックを世界に配置して環境を整えることができた。しかしそれは、コマンドウィンドウからの直接入力であり、1行ずつ実行することしかできなかった。しかし新しいマインクラフトのエデュケーション版では、プログラミングによってプレイヤーを動かし、世界を作っていくことができるようになる。

詳細は Minecraft Education Edition の Web ページでわかる。

Minecraft Education Edition
https://education.minecraft.net/

Minecraft_Education_Edition_009

新しいバージョンを利用するには、Code Builder Beta をダウンロードする。ダウンロードの直リンクは次のページだ。

Minecraft Education Edition
https://education.minecraft.net/get-started/download/

Minecraft_Education_Edition_002

「コードビルダー」の機能によってマインクラフトは本格的なプログラミング教育のプラットフォームになった、と、まずは言うことができるが、もしかしたらこれは初めの一歩であり、この先に壮大なプログラミング世界の大革命がやってくる予感がする。体が震えるほどの期待に満ちている。マインクラフトには学校教育者だけでなく、職業プログラマーも要注目だ。

2017年5月14日

松本 吉生(まつもとよしお)
Microsoft MVP Data Platform

1961年京都に生まれ、神戸で幼少期を過ごす。大学で応用化学を学んだのち、理科教諭として高等学校に勤務する。教育の情報化が進む中で校内ネットワークの構築運用に従事し、兵庫県立明石高等学校で文部科学省の「光ファイバー網による学校ネットワーク活用方法研究開発事業」に携わる。兵庫県立西宮香風高等学校では多部制単位制の複雑な教育システムを管理する学籍管理データベースシステムをSQL ServerとInfoPath、AccessなどのOfficeソフトウエアによるOBA開発で構築・運用する。現在は兵庫県立神戸工業高等学校でC#プログラミング、IoTなどのコンピュータ教育を行う。2004年からマイクロソフトMVP(Microsoft Most Valuable Professional)を受賞し、現在14回目の連続受賞。2016年にマイクロソフト認定教育者(Microsoft Innovative Educator Experts : MIEE)を受賞。