ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

Posts Tagged ‘Windows Phone

毎日 7 つのスマートデバイスを持ち歩く。

leave a comment »

Windows Phon 好きかどうか、という Facebook の話題があったが、俺は Windows Phone も Android も iPhone も iPod も、そして Zune も好きだ。その結果、毎日 7 台のスマートデバイス、といっていいかどうかわからないが、スマートフォンなどを持ち歩いている。

P1510988_mid_640_480

内訳はこうだ。Windows Phone が 3、Android Phone が 2台、iPhone が 1台、iPod が 1台だ。それぞれ使い分けがあって、あるものはメモ帳替わりであり、あるものは音楽プレイヤーであり、あるものは LINE 専用機であり、あるものはパソコンのテザリング専用機である、といった具合だ。このうちデータ通信専用 SIM が入っているのが 3台、他の 4台は Wi-Fi のみの運用で、SIM は入っていない。電話機能はないので、携帯電話はいわゆるガラケーを別に持っている。

P1510989_mid_640_480

重ねて持つとこのくらいになり、とてもスマートとは言えないが、どれを欠いても不便なので持ち歩いている。おまけに遠出するときは、これに加えてノートパソコンや Kindle を持つので、さらにデバイスが増える。

いろいろ言い訳をするのだが、結局のところ好きなのだから仕方ない。

広告

とてもかわいい中国製の Bluetooth ミニスピーカー Gshine Waterproof Bluetooth Speaker

leave a comment »

中国製で品質の良いデバイスが日本でも入手しやすくなった。これは Amazon で買った Bluetooth 接続のミニスピーカーだ。防水仕様なので風呂場で使っている。快適だ。

P1470818_edit_mid_640_480

パッケージはこんなかんじ。

P1470819_edit_mid_640_480

大きさがわかるように手のひらにのせてみた。

P1470822_edit_mid_640_480

もちろん Windows Phone で簡単に Bluetooth 接続ができる。

P1470830_edit_mid_640_480

Amazon で 999円。

Gshine Bluetooth Amazon_mid_640

Written by Yoshio Matsumoto

2017年4月2日 at 9:25 PM

Windows 10 Mobile 搭載の freetel 「KATANA 01」を使う

leave a comment »

プラスワン・マーケティングが freetel ブランドで発売した Windows 10 Mobile 搭載のスマートフォン「KATANA 01」は、価格破壊とも言える値段で SIM フリースマートフォンの世界を塗り替えることになるだろう。「KATANA 01」は Windows Phone のタイルをイメージできるカラフルなデザインのしっかりした紙箱に収められてやってきた。

P1080699_mid_640_480

パッケージの箱は 2段になっていて、薄い上段の箱には本体の裏カバーと簡単なスタートアップガイド、Microsoft アカウントの登録についての説明書、そして保証書が入っている。下段の箱には KATANA01 本体と バッテリー、AC 充電器、ケーブルが入っている。

P1080700_mid_640_480

P1080701_mid_640_480

P1080702_mid_640_480

P1080706_mid_640_480

メーカー公称の KATANA01 のスペックは次のとおり。

サイズ 高さ:132.8mm 幅:66.3mm 厚さ:8.9mm
重量 約132g
OS Windows 10 mobile
ディスプレイ(サイズ/解像度) 4.5inch/854×480(FWVGA)
CPU Quad core 1.1GHz
メモリ 内部RAM:1GB 内部ROM:8GB
外部メディア規格:microSD 最大容量:32GB
カメラ メイン:500万画素 サブ:200万画素
連続通話時間 8時間 連続待受時間 150時間
バッテリー容量:1700mAh 取り外し:可
SIM スロット数:2 タイプ:micro SIM / micro SIM SIMロックフリー
ネットワーク(周波数帯)2G:GSM 850/900/1800/1900MHz 3G:WCDMA 1/6/8/19 4G:FDD LTE 1/3/8/19
Wi-Fi 802.11 b/g/n Bluetooth Version:4.0 LE対応
Power class:class 1
センサー GPS搭載 (A-GPS対応) / 加速度センサー / 近接センサー / 光センサー / e-compass

いつものようにキッチンスケールに乗せて重さを実測しよう。KATANA01 にはばてりーを入れ、裏カバーをして使える状態にしている。ちなみに SIM は入れていない。

P1080735_mid_640_480

P1080733_mid_640_480.jpg

キッチンスケールでは 134g を示している。メーカー公称の重さより少し、2g ほど重い。

P1080714_mid_640_480.jpg

本体に充電池を入れたところだ。SIM スロットが 2つあるのがわかるだろう。デュアルシムタイプだ。

P1080713_mid_640_480

裏カバーはプラスチックだが、マットな手触りの加工がしてありとてもいい。さらさらとした触り心地のいい手触りだ。見た目も高級感がある。Windows のロゴと FREETEL のロゴが、グレーで控えめにあしらわれている。

P1080736_mid_640_480

初期設定が終わったが、メールや SNS の設定などやることはまだたくさんある。しばらくはこの KATANA01 に夢中の日々が続くだろう。

日本では発売されることがなかったZUNE – 記念すべき第一世代のモデルZUNE 30 BLACKを改めて紹介する

leave a comment »

IMG_4066_mid_640_480

<Fig.1 : Microsoft ZUNE 30 Black>

1番ではないかもしれないが、恐らく俺はZUNEを数多く所有している日本人10人の指には入るだろうと思っている。ZUNEはマイクロソフトが開発し販売した携帯音楽プレイヤーだ。第一世代はZUNE 30と呼ばれ、2006年11月14日に米国で販売が開始された。ZUNE 30は30GBのハードディスクを内蔵したモデルで、当初Black、Brown、Pearl Whiteの3色が発売され、それらは「doubleshot」と呼ばれる半透明のblue、green、clearの別素材の樹脂で覆われたデザインになっている。これはBlackカラーモデルの写真だが、黒の本体に半透明ブルーの樹脂がコーティングされていることがエッジの色でわかるだろう。「ブルー」とあるが、実際は彩度が低くグレーに近いブルー、といったかんじだ。

 IMG_4067_mid_640_480

<Fig.2 : Microsoft ZUNE 30 BLACKのエッジで「double shot」の色合いがわかる」

角をみると表面の透明感がわかるだろう。ちなみに「Brown」のモデルも深い緑の半透明樹脂が外側を覆い、ブラウンとの調和が奥深い色合いを出して味がある。Pearl WhiteはBlackやBrownに比べてあっさりとした色合いだ。

ZUNEの第一世代であるZUNE 30は東芝が製造を請け負っており、東芝ブランドの「gigabeat S」に近い製品だったと言われている。ZUNEはその後ハードディスクモデルに次いでフラッシュメモリを使ったモデルが発売され、第4世代となるZUNE HDまで開発と生産が続いたが、主な販売市場は米国とカナダであり日本では販売されなかった。

IMG_4068_mid_640_480

<Fig.3 : Microsoft ZUNE 30 BLACKのコントロールボタン>

Microsoft ZUNE 30のコントロールボタンは基本的にここに集中している。右側に「再生」または「一時停止」のボタン、左側に「戻る」ボタン、中央には印象的な円形のボタンがあり、これは基本的に「十字キー」である。上下左右、そして中央は「確定」オペレーションだ。

IMG_4069_mid_640_480

<Fig.4 : Microsoft ZUNE 30 BLACKの右ボタン>

IMG_4070_mid_640_480

<Fig.5 : Microsoft ZUNE 30 BLACKの左ボタン>

IMG_4071_mid_640_480

<Fig.6 : Microsoft ZUNE 30 BLACKのコネクタ>

Microsoft ZUNEのコネクタは独自のものだ。幅広で左右にロックピンがあり差し込めば引っ張っても抜けないようになっている。ミニUSBミニコネクタやマイクロUSBコネクタのような汎用のものが使いやすいが、きちんとロックされるこのZUNE専用コネクタは安定感がある。

IMG_4072_mid_640_480

<Fig.7 : Microsoft ZUNE 30 BLACKを上側から見たところ>

ZUNE 30の上部にはロックスイッチとイヤホンジャックがある。ロックスイッチをロックすると本体のスイッチが無効化される。カバンやポケットの中に入れて音楽を聴くとき、何かに触れて誤った操作がされないようになっている。スライドスイッチは小さからず大きからず、ちょうどいい大きさで「カチッ」としたロック感もいい。

IMG_4077_mid_640_480

<Fig.8 : Microsoft ZUNE 30 BLACKの裏面>

ZUNE 30の裏面にはZUNEロゴが印刷されており、本体下部にちょっとした円形のへこみがデザインされている。全体がすべすべした方形なので、手に持ったときに滑りやすいところを、このへこみがカバーしてくれる。このへこみデザインはいい。

IMG_4078_mid_640_480

<Fig.9 : Microsoft ZUNE 30の裏面ロゴ>

IMG_4080_mid_640_480

<Fig.10 : Microsoft ZUNE 30 BLACK裏面の円形へこみデザイン部>

IMG_4079_mid_640_480

<Fig.11 : Microsoft ZUNE 30 BLACKの形式表示>

「Hello from Seattle. Model 1089. Assembled in China. Input 5V 1.4A」とある。ZUNE 30には内蔵ラジオ機能があり、日本、アメリカ、ヨーロッパでの使用が可能だ。またXNAで作ったゲーム、アプリケーションをZuneに取り込み遊んだり、使用することができる。単なるポータブルハードディスクとしての使用は不可能。ファームウェア2.2からインタフェース言語にフランス語、スペイン語が追加され、バージョン3.0のアップデートにより本体に時計機能、ラジオでの曲購入、キーロック機能、インターネットへの無線接続が可能となり、ソフトウエアも改善され様々な情報の表示が可能なMIXVIEWの機能が付加など進化を続けた。ただし日本語フォントは実装されておらず、曲名等の日本語表示は□で表示されてしまう。

この第1世代ZUNEが発売された当初、ZUNEとPCをシンクロさせるためのZUNEアプリケーションは日本語Windowsに対応していなかったので、ZUNEを使うために英語版Windowsをインストールしたマシンを用意しなければならなかった。だが今ではZUNEアプリケーションもバージョンアップし、日本語版Windows 7に簡単にインストールすることができる。いまこそ日本でZUNEを使う環境が整ったともいえる。

しかし残念ながら2011年10 月、MicrosoftはZUNEハードウエアの生産中止と、ユーザーにはWindows Phoneへの移行を奨励しする発表をした。ZUNEプレイヤーは発売以来、米国では概ねポータブルオーディオプレーヤーの10%前後のシェアを獲得したと言われており、今後の展開を期待していただけに残念ではある。だがWindows Phone 7シリーズにおいてもZune Marketplace等のサービスは利用でき、ZUNEのコンセプトはサービス基盤として受け継がれていると確信している。

俺は今でもZUNEを愛用している。最初に買った第1世代ZUNEも順調に動いている。末永く使ってやりたい。

Windows Phoneアプリ開発 – たった3行でできる加速度センサの利用

with 3 comments

IMG_3857_mid_640_480

<Fig.1 : 加速度センサの値を画面に表示するサンプル>

Windows Phoneにとって、というよりもモバイルデバイスにとって加速度センサの役割は重要である。加速度センサは言葉を変えると「傾きセンサー」であり、これを使うとモバイル機器を傾けることで機器をコントロールすることができる。Windows Phoneは様々なメーカーからモデルが出されるが、加速度センサーは標準仕様であり、必ず実装されなければならないものとなっている。このように基本仕様を決めることは開発にとってメリットがある。開発ツールで標準のライブラリさえ提供できれば、プログラム上で利用することが簡単になるからだ。Windows Phoneプログラミングでは加速度センサーを参照する標準のクラスが用意されており、これを使うと実に簡単に加速度センサの値を取得することができる。

上のFig.1は加速度センサの値をX、Y、Z軸でそれぞれ検知し、テキストボックスに値を表示するサンプルである。

加速度センサを参照するためには、次のようにたった3行でいい。

1.Accelerometerのインスタンス変数を定義する
2.new演算子でインスタンスを生成する
3.myAccelerometer.CurrentValue.Acceleration.Xで値を取得する

実際には上のサンプルは、myAccelerometer.CurrentValueChangedイベントプロシージャでリアルタイムに加速度センサの値が変化するたびにテキストボックスの値を書き換える処理をしている。このサンプルでは、テキストボックスの上から「X値」、「Y値」、「Z値」を表示している。また必要な参照設定を追加し、名前空間の追加も必要である。

IMG_3858_mid_640_480

<Fig.2 : Windows Phoneを右に傾けると加速度センサのX値が正となり増加する>

IMG_3859_mid_640_480

<Fig.3 : Windows Phoneを左に傾けると加速度センサのX値が負となり減少する>

Windows Phone本体を左右に傾けるとX軸の値が変化する。右に傾ければX値が増加し、左に傾ければX値は減少する。平らな状態が「0」であり、最大値は1、最小値は-1だ。また本体を左右に傾けることでZ軸も傾くのでZ値も変化していることがわかる。

IMG_3860_mid_640_480

<Fig.4 : Windows Phoneを向こう側に傾けると加速度センサのY値が正となり増加する>

IMG_3861_mid_640_480

<Fig.5 : Windows Phoneを手前に傾けると加速度センサのY値が負となり減少する>

Windows Phone本体を向こう側や手前に傾けるとY軸の値が変化する。向こう側に傾ければY値が増加し、手前に傾ければY値は減少する。平らな状態が「0」であり、最大値は1、最小値は-1だ。左右に傾けた時と同様に、向こう側や手前に傾けるとZ軸も傾くのでZ値も変化している。

IMG_3862_mid_640_480

<Fig.6 : Windows Phoneをひっくりかえすと加速度センサのZ値が正となり増加する>

加速度センサのZ値は、体感的にはわかりにくいが本体の手前から裏側に向かって突き抜ける回転軸である。Windows Phone本体をどの方向にであれ傾けるとZ軸の値が変化する。通常、表パネルを手前に向けた状態でZ値は負であり、上の写真のように本体をひっくりかえすとZ値は正になる。平らな状態が「-1」または「1」であり、本体が立った状態で「0」となる。

加速度センサは魅力的なインターフェースである。加速度センサーを使うことができれば、いろいろなアプリケーションのアイデアが湧くだろう。どんなアプリケーションを作ろうかと、いろいろと考えるだけで楽しい。30年以上も前、はじめて「パソコン」というものに触れ、プログラミングに熱中してあっというまに朝が来た日々を思い出す。Windows Phoneプログラミングは俺の心を捉えて離さない。

Windows PhoneサンプルプログラムをXAPファイルにして実機にアプリケーション配置する

leave a comment »

IMG_3642_mid_640_480

Windows 7上のエミュレーターで作ったアプリケーションの動作確認をすることもできるのだが、やはり実機で確かめたい。Windows Phoneのプログラムは原則としてApp Hubからのダウンロードしか方法がないのだが、App Hubへ開発者として登録すれば、端末のロックを解除することができ、開発用のPCから直接アプリケーションを配置することができる。

Windows Phoneに開発用PCから作ったアプリケーションを直接配置するには、まWindows PhoneをPCに接続する際にZUNEクライアントが必要になる。MicrosoftのサイトからZune Softwareをインストールするのだ。Zune SoftwareはZUNE端末が米国カナダなど一部の国でしか発売されていないことから、以前は日本語版Windowsにはインストールできなかったが今は全く問題なくインストールできるようになっている。

Zune SoftwareをインストールしてWindows Phoneを認識させたら、Windows Phone SDKの「Windows Phone Developer Registration」を起動してApp Hubを介してデバイスを登録する。そしてVisual StudioやExpression Blendで作ったプロジェクトをビルドする。ビルドするとプロジェクトフォルダの「Bin」-「Debug」フォルダに.XAPファイルが生成する。これがアプリケーションのパッケージだ。これをWindows Phone実機に転送するには「Application Deployment」を使う。

写真は雑誌に載っていたサンプルコードを参考にしてとりあえず作ってみた時計アプリケーションだ。簡単なプログラムでもこうして実機で動くことが確かめられると嬉しい。作ったという実感が持てる。