ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

校務支援システムの更新 – 02 – 既存システムからエクスポートしたデータを加工してはいけない – そのままインポートできるように SQL Server のテーブル設計をしよう

leave a comment »

sql_server_management_studio_001_mid_640_480

学校の校務支援システムの運用には様々な課題があるが、とりわけ大きい課題がシステム移行時に発生する。既存システムから生徒の氏名住所などの基本情報や、履修情報、成績情報を新システムに移行しなければならないが、その作業と責任は、そのときの学校の担当教員に負わせられることとなる。既存システムの業者も、新システムの業者も、一定の技術情報は提供しても作業に関してはどちらも助けてはくれない。

学校として学籍管理のデータを扱う場合、管理の手法はシステムによって異なる。生徒の氏名や住所、生年月日などの基本データに大きな違いはないだろうが、教科科目の情報、成績管理の手法はシステムによって違いが大きいと考えられる。既存のシステムからエクスポートしたデータを新システムでそのまま使えるとは考えにくい。

そこでデータ処理をする必要がおこるが、業者がデータ移行ツールなどを用意することはない。そこでデータ移行においてデータ処理をする必要が生じるが、これをエクセルなどの表計算ソフトで行うと重大な間違いがおこる危険がある。また一度で完全に移行できることも考えにくいので、ある程度の試行錯誤が必要となる。そのたびに表計算ソフトでデータ加工をしていては手間がかかりすぎ、また事故がおこる危険が大きい。

そこで SQL Server にデータを読み込んで処理することが最も正しい解決策だ。できれば既存システムから SQL クエリによってデータを読み出したいところだが、それができなければ何らかの形でデータをエクスポートすることになるだろう。多くのシステムでエクセルや CSV の形式でデータを取り出すことができるようになっているはずだ。

sql_server_management_studio_006_mid_640

このとき、既存システムで使われるフィールドと新システムで使われるフィールドに違いがあったとき、これを表計算あるいは CSV のデータ上で加工してはいけない。もし新システムで使わないデータフィールドがあったとき、心情的にはデータを切り捨ててインポートしたい欲求は理解できる。余計なフィールド設定をせずに済ませたいだろうからだ。

またフィールド名を修正したい欲求にもかられる。しかしエクスポートしたデータを手作業で加工してはいけない。既存システムからエクスポートしたデータは、そのまま SQL Server にインポートできるようにテーブルを作っておくべきだ。

sql_server_management_studio_003_mid_640_480

データの移行は一回で終わることは、まず、ない。既存システムのデータを新システムにインポートするには、何度かの試行錯誤が必要となるはずだ。またすべてのデータを一度に移行しようとして間違いがあれば修正も困難になる。小さなデータを試験的に移行しながらチェックを繰り返し、うまく移行できることを確かめてから全部のデータを移行するだろう。

このとき、エクスポートしたデータを手作業で加工する工程を挟むと、そのたびに手作業が必要となる。手作業には誤りがつきまとい、とりわけ同じ作業を何度も繰り返していると誤る危険性が高くなる。

新システムで使わないフィールドの設定はせずに済ませたい、おかしなフィールド名は修正したい気持ちになることは理解できるが、ここで手間を惜しまず、エクスポートしたデータは無修正でそのままインポートできるように SQL Server のフィールド設計をしよう。

広告

校務支援システムの更新 – 01 – データ移行は現場教員の責任となる – データ移行作業は SQL Server を使おう

leave a comment »

高等学校の成績処理などにデータベースを使うようになったのは、単位制や総合学科など講座の選択肢が多い学校ができてからだ。基本的にクラス単位で授業を行う普通科高校では、出欠や成績の管理にデータベースを使う必要はなかった。クラス単位で紙ベースの出席簿や成績伝票での処理で十分だったからだ。しかし生徒が多くの講座に分かれて受講する単位制や総合学科の高校では、紙ベースの処理が不可能だ。

筆者も他部制単位制の兵庫県立西宮香風高校に勤務したとき、SQL Server を使った校務支援システムを作り運用した。多くの単位制や総合学科の学校で業者と契約して作られたシステムを運用していたが、新しいタイプの他部制単位制高校に合うシステムはなかったからだ。

近年、単位制や総合学科ではない普通科の高校でも校務支援システムを導入する動きがある。それは普通科の学校でも多様な選択肢を用意した選択講座のカリキュラムを拡大することも背景にある。契約や運用の面からクラウドベースの統一システムを都道府県単位で一括契約するケースも増えてきた。

このような校務支援システムの運用にはいろいろな課題があるが、システム更新のときに大きな課題がある。別システムへの更新時に、過去のデータを移行する作業が必要となるのだ。このデータ移行の作業は現場の教員にまかされる。既存システムの業者も、新しいシステムの業者も、どちらも何もしない。責任もとらない。

データの移行は、そのときの担当教員にとって大きな責任を負わせられるものとなる。在校生の成績データを一つ残らず完全に新システムに移行しなければならない。この作業をエクセルなどでやっていては大きな間違いがおきる危険性がある。データ移行の作業は SQL Server を使うことが最も良い。

sql_server_management_studio_001_mid_640_480

既存システムのテーブルにあわせて SQL Serever にテーブルを作る。既存システムからエクセル形式や CSV 形式でエクスポートしたデータを一括で SQL Server に読み込む。例えば高等学校の校務支援システムでは中学校情報を管理するが、中学校コードは既存システムと新システムで異なることがあるだろう。このとき、まず既存システムの中学校コードと新システムで利用するコードを一括で SQL Server に読み込んでおく。

sql_server_management_studio_002_mid_640_480

sql_server_management_studio_003_mid_640_480

sql_server_management_studio_004_mid_640_480

そして既存システムのコードと新システムのコードを関連付けたビューを作り、これを他の情報と関連させる。

sql_server_management_studio_005_mid_640_480

SQL Server で一元的にデータ処理を行うことで、間違いのないコード変換処理をすることができる。SQL Server で正しい変換テーブルとビューを作っておけば、既存システムからのデータ移行作業を手間なく、そして誤りなく何度もテストし確かめることができる。

Written by Yoshio Matsumoto

2019年1月1日 at 8:35 PM

ラクまたはラキ – トルコの酒 YENI RAKI は神戸三宮の頃末商店で買える – 1000 ml – 輸入者及び取引先は都商会

leave a comment »

P1960014_YENI_RAKI_mid_640_480

P1960017_YENI_RAKI_edit_640_480

神戸は歴史的に西洋との窓口である。JAZZ ライブバーも老舗のソネをはじめ小さな店がいくつかある。「たくさんある」と言いたいところだが、とても雰囲気のよかったサテンドールの閉店が象徴的であるように、一昔前と比べてずいぶん少なくなったと感じる。

神戸と西洋との関係が深いことのもうひとつは、街にパン屋やケーキ屋が多いことだろう。しかもどの店も特徴があるおいしいパンやケーキを作っている。どの店に買ってもパンはおいしい、というのが神戸の魅力のひとつだ。

そしてもうひとつ、外国料理店が豊富であることも神戸の魅力だ。フランス料理やイタリア料理店は他の都市でもありふれているかもしれないが、神戸三宮にはロシア料理、スペイン料理、そしてトルコ料理の本格的な店がある。とりわけ歴史のあるトルコ料理の「イスタンブール」はおすすめだ。もうひとつ有名なトルコ料理の店に「ムラート」がある。この両店は甲乙つけがたい。

トルコ独特の酒に「ラク」または「ラキ」と発音する酒がある。トルコ料理店では料理を楽しむと同時に、このトルコの酒「ラク」を飲むのがいい。さてこの「ラク」または「ラキ」を自宅で飲もうとあちこち探していたが、神戸には輸入酒店も多いのだが、どこを探しても見つからなかった。ところが先日、神戸三宮の「頃末商店」でこれをみつけた。

P1950955_YENI_RAKI_mid_640_480

頃末商店のWeb ページはこれだ。

http://www.korosue.com/

神戸頃末商店_mid_640

ネット注文もできるようなので、YENI RAKI が飲みたい人は頃末商店を利用してはいかがだろうか。

Written by Yoshio Matsumoto

2018年12月31日 at 12:03 AM

SQL Server 2019 をウェビナーで学習する

leave a comment »

ウェビナーという言葉を最近聞くことがあるが、ウェビナーは「ウェブ」と「セミナー」を組み合わせた言葉で、インターネット上のオンラインセミナーの一形態を指す。オンラインセミナーそれ自体は目新しい概念ではないが、あらためて「ウェビナー」という場合は、教授者も受講者も体感的に心地よく利用できるシステムを使った形態を指すようだ。

SQL Server は SQL Server 2019 が発表され、テクニカルドキュメントなどサイトのコンテンツも充実してきた。マイクロソフトの SQL Server サイトで SQL Server 2019 の詳細情報には「SQL Server 2019 ウェビナー」のリンクがある。

SQL_SERVER_2019_information_mid_640.png

このページから「ウェビナーを見る」をクリックすると、ウェビナーの案内ページが表示され、ユーザー登録するようになっている。

SQL_SERVER_2019_Webiner_registration_mid_640_480

氏名、電子メール、所属名、国名を登録すると、電子メールでウェビナーのリンクが送られてくる。

SQL_SERVER_2019_Webiner_confirm_mail_mid_640.png

このメールから「Click here to join the webinar」をクリックするとウェビナーのページを開くことができる。

SQL_SERVER_2019_Webiner_toppage_mid_640.png

ページの中央の上部にメディアプレイヤーが配置され、ここに動画が表示される。画面の左右には Q&A、登壇者情報、関連情報を示すリソースリスト、アンケート、などが配置されている。これらのウィンドウは表示、非表示を選択できる。

これはいわゆるオンライン教育のコンテンツマネジメントプラットフォームであり、たいへんよくできていると感じる。Webがテキストから動画へ、そして対話的で双方向、インタラクティブ性を活かしたものに進化し、それらをうまくまとめた感じだ。

SQL Server 2019 はウェビナーで学習しよう。

Written by Yoshio Matsumoto

2018年12月23日 at 1:59 PM

Amazon で BBC Micro:bit を注文した

leave a comment »

本家、英BBCの Micro:bit を使ってみたいと思い Amazon で検索するとバルク品の英BBC Micro:bit がいくつかの業者から売られていることがわかった。

BBC_Microbit_Amazon_mid_640.png

リテール BOX と書かれた箱入りの英 BBC Micro:bit はおよそ 3,000円。それ以外にバルク品と書かれたものが、およそ 2千百円台からある。今回は試しにバルク品で 2,160円のものを発注した。アマゾン Prime 対応でクリスマスイブまでには届くようになっている。

Microbit_bulk_Amazon_mid_640.png

英 BBC 本家の Micro:bit がスイッチサイエンス社の Micro:bit と違いがあるのか、興味深い。

Written by Yoshio Matsumoto

2018年12月22日 at 11:07 PM

Micro:bit をメンテナンスモードで起動する

leave a comment »

スイッチサイエンス社が開発した Micro:bit 互換機、Chibi:bit はファームウエアを書き換えることができ、それには本体のリセットボタンを押しながらコンピュータに接続して ISP モードで起動する。このことから、Micro:bit も同様の方法でファームウエアを書き換えることができるのではないかと考えた。

試しに Micro:bit のリセットボタンを押しながらコンピュータに接続すると、どうやらメンテナンスモードというものになるようだ。

microbit_maintenance_mode_mid_640.png

メンテナンスモードにすると、3つのファイルが見える。AUTO_RST.CFG、DETAILS.TXT、HELP_FAQ.HTM だ。このうち AUTO_RST.CFG は Micro:bit にプログラムである .hex ファイルを入れたときに自動的にリセットするか否かのモードを決めるファイルのようだ。DETAILS.TXT ファイルには DAPLink Firmware へのリンクの記述とバージョン情報、ビルド番号が書かれている。手持ちの Micro:bit は次のようなものだった。

—————————————————————————————————————–

DAPLink Firmware – see https://mbed.com/daplink
Version: 0234
Build: Oct 12 2015 14:39:34

—————————————————————————————————————–

Microbit_Maintenancemode_Details_mid_640.png

HELP_FAQ.HTM には mbed.com へのリンクが書かれているが、現時点ではリンクは切れておりエラーとなる。

arm_mbed_microbit_faq_error_mid_640.png

このメンテナンスモードで他にもなにかできることがありそうに思える。Micro:bit はまだまだ奥が深い。


 

 

 

Written by Yoshio Matsumoto

2018年12月21日 at 8:04 PM

ほっともっとで弁当を注文しながら「ソフトウエア職人気質」の一節を思い出す

leave a comment »

P1690034_mid_640_480

ピート・マクブリーン Pete McBreen 著、村上雅章訳でピアソン・エデュケーションから Professional Computing Series の別巻7として出版された「ソフトウエア職人気質 Software Craftsmanship – The New Imperative」は2002年3月の出版であり、もはや16年前の書籍になるが、いま読んでも示唆に富む本だ。このことは逆に日本のソフトウエア産業が足踏みしたままであることも示している。情報教育、プログラミング教育に携わりながら教務システムの内製を経験した私は、常にプログラミングと価値の創造について考えているが、今日たまたま近所のほっともっとで昼食の弁当を買いに行ったとき、レジでの注文のあとぼんやりと弁当が出来上がるのを待ちながらこの本の一節を思いだした。

P1690038_mid_640_480

いま年の瀬も押し迫った12月末だが、たとえば客に「年末年始の営業日はいつもと同じか」と聞かれたとしよう。「少々お待ちください」と言いスケジュール表を見るようでは優れたレジ係とは言えない。この時期だから、もしかしたら客からこのような質問があるかもしれないと思い、あらかじめ店舗スケジュールを頭に入れておくはずだ。そうすれば即座に返答ができるだろう。レジ係は客の注文を受け、代金をもらい、厨房に注文を出し、できた弁当を客に渡すという仕事だが、このルーチンだけできればいいというものではない。

「ソフトウエア職人気質」には「顧客の利益はソフトウエア職人の利益と一致する」の節があり、こう書かれている。「顧客は、優れたソフトウエアを望んでいます。そしてソフトウエア職人は、誇りに思え、自分の評判を支える優れたソフトウエアを作り出したいと考えています。こういった相互利益の一致によって、顧客とソフトウエア職人のより良い関係を築き上げることができるわけです。」

優れたレジ係の利益は客の利益と一致する。ソフトウエア開発者があらかじめ調整された仕様書だけを頼りにして開発する時代が終わったように、レジ係もマニュアル通りの注文、集金業務だけしていればよい時代も終わったのだろう、などとぼんやり思う年の瀬である。