ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」

InfoPath & SQL Server !

HITACHIの電子黒板機能付きの超短投射プロジェクター、CP-TW3005Jを試してみた – e スクール ステップアップ・キャンプ 2016 西日本大会のエキビジョンスペースの展示

leave a comment »

先日、文部科学省共催、一般社団法人日本視聴覚協会と日本視聴覚連合会の主催で行われた「eスクール ステップ・アップキャンプ 2016 西日本大会」に参加した。文部科学省の初等中等教育局視学官から「学習指導要領改訂を踏まえた教育の情報化の重要性」について基調講演があり、またアクティブラーニングを取り入れてICTを活用した模擬授業が行われるなど意欲的な会だった。

各セッションと並行して会場内のエキビジョンスペースでは各企業から様々なICT機器やソフトウエアなどの展示が行われており、授業で使いたいと思わせられるものがたくさんあった。その一つがこのプロジェクターだ。

いわゆる電子黒板には様々なものがあるが、教育関係では大画面薄型テレビ形式のディスプレイを使用し、タッチパネルのインタフェースを有したものが一般的だろう。コンピュータを接続して教材を投影できるメリットと、電子ペンを使ってあたかも黒板にチョークで書くという直感的なオペレーションができるところが優れている。しかし設置が難しく高価であるという問題がある。

今回、HITACHIの電子黒板機能付きの超短投射プロジェクター、CP-TW3005Jを試してみたが、超短焦点とうたっているだけあり、黒板にかなり接近して投影できる性能を持っている。それに加えて、投射しているスクリーンに対して専用の電子ペンで電子黒板のように文字が書けるのだ。これには驚いた。会場ではスクリーンに対して天井から吊る形で設置されていた。次の写真から、どのくらい超短投射であるかわかるだろうか。カタログ上では100型の大きさに投影するには本体のレンズ面からスクリーンまでが 40.8cm、80型の投影なら 26.8cm、60型の投影ならなんと 12.8cm の距離でいいとなっている。

P1460356_mid_640_480

驚いたのは、スクリーンに投射している画像に対して、スクリーン上で専用の電子ペンを使って文字が書けるというところだった。これを見たとき、どのような仕組みでペンの動きを見ているのだろうと不思議だったが、目からうろこが落ちるような仕組みだった。ペンの先から赤外線が出ており、その赤外線をプロジェクターが感じ取って投射画像にオーバーライトしているのだ。

P1460368_mid_640_480

いわゆる電子黒板は教室への設置が難しい。普段は黒板やホワイトボードを使いたいが電子黒板も使いたいという場合は、教室に両方を設置するかどちらかを可動式にするしかない。しかしプロジェクター方式なら、通常は黒板で、必要に応じてプロジェクターを投影するといった使い方ができる。スクリーンをホワイトボードや黒板にして、映像を重ねて使うといったこともできるだろう。いや、それが最も望ましいと思える。黒板とチョーク、ホワイトボードとペンを使って授業をすすめながら、必要に応じて写真や動画を提示する。

電子ペンを使うときは、スクリーンに対するポジションを校正する必要がある。プロジェクターの設置位置とスクリーンの関係を補正する必要があるからだ。補正のメニューはリモコンを使って行い、画面に映されたドットの位置をチェックすることで行うようになっている。簡単だ。

P1460370_mid_640_480

また地味だが特記すべき機能として、画像の自動補正機能がある。カタログを見るとHITACHIでは「アクセンチュアライザー」機能と「HDCR」と呼んでいるらしい。普通教室でプロジェクターを使うとき、部屋の明るさによってプロジェクターの輝度が不足し、画像が鮮明に見えないことがある。このようなとき手動で明るさやコントラストを調節するが、このプロジェクターは「アクセンチュアライザー」によって映像の陰影感、精細感、光沢感を強化し、「HDCR」、これは High Dynamic Contrast Range の頭文字らしいが、これによって画像の明るいところと暗いところを自動的に解析し、暗部を詳細に見せるように調節する機能だ。つまりは、いわば画像にシャープネスをかけ、コントラストを調節する、これらを画像解析により自動的に行う機能だと考えられる。

P1460357_mid_640_480

サンプルに使われた写真は、ドーム型で天井がガラスになっている建物の中で、ガラスの明るいところを中心に撮った写真だ。明るい部分は明瞭にわかるが、建物の下部の暗いところはほとんど真っ暗につぶれてわからない。これが「アクセンチュアライザー」と「HDCR」によってボタンひとつで自動的に明るいガラス部分はそのままに、暗い部分が明るさを調節されてはっきりをわかるように浮き上がってくる。これは便利だ。

小学校でマイコンボードの体験会をする。いわゆるLチカの発展形。

leave a comment »

P1460655_mid_640_480

明日は小学校で子供たちにマイコンボードの体験コーナーをする。短い時間で低学年から高学年までの子供たちに楽しさを伝えるために工夫をする。いわゆる「Lチカ」をベースに。

たとえば小学校の高学年、5年生と6年生対象なら、パソコンを使って簡単なプログラミングをすることができるかもしれない。それにしてもある程度のまとまった時間が必要だし、パソコンなど機材を準備しなければならない。

10分程度の短い時間で、小学校1年生から6年生までの幅広い子供たちにマイコンボードや電子工作の楽しさを伝えるにはどうすればいいか。そこにはいろんな工夫の余地がある。

子供たちの輝く瞳を見たい。だから教育は面白い。

神戸三ノ宮で「マインクラフトとプログラミング教育」の勉強会をした。

leave a comment »

P1450907_edit_mid_640_480

2017年1月28日、神戸三ノ宮で「マインクラフトとプログラミング教育」のテーマで勉強会をした。マイクラフトが好きな小学生5人に Surface 3 でモダンアプリ版のマインクラフトをしてもらい、教員5人がサポートしながらマインクラフトを子供たちがどのように使うかを見て、マインクラフトをプログラミング教育に利用するヒントを得ようと考えたのだ。

詳細はアドミンティーチャーズのサイト https://adminteachers.wordpress.com/ にも報告したが、今回は用意した機材で実習がスムーズにできるかを検証することとし、詳細なコースを用意することはしなかった。

今回やってみてよくわかったのは、Surface を使うと数分の準備で実習を始めることができること、子供たちは極めてマインクラフトの世界に興味が高く教員の動機づけがなくても自然に演習に集中できること、自然発生的に協働作業が行われること、わからないことがあれば教えあう関係性が自然におこること、攻略本を一緒に見ながら問題解決をする姿が見られたこと、などだ。

マインクラフトを教材プラットフォームとして、プログラミング教育に利用することは効果的だと実感した。次は効果的な「課題」あるいは「学習コース」を考えることだろう。そのためには教員がマインクラフトの世界を知り、何ができるか、どのようなコースを組み立てることができるかを考える必要がある。

P1450916_mid_640_480

街レポート。兵庫県神戸市、三ノ宮、元町あたりが綺麗に、ゆったりと変わりつつあります。

leave a comment »

2016年の末あたりから、兵庫県神戸市、三ノ宮、元町あたりが変わりつつあります。道路の舗装工事がされて新しくなるとともに、歩道を工夫してベンチなどが置かれるようになりました。まだ今は季節的に寒いので座ってゆっくりとはいきませんが、買い物の途中でちょっと休憩もできるので便利です。大切に使って、いつまでも綺麗であってほしいですね。写真は三宮と元町の間の、センター街よりひとつ南側の道沿いです。三宮神社の鳥居のあたり。位置情報は 34.689498, 135.191433 。

P1450237_mid_640_480

P1450239_mid_640_480

P1450241_mid_640_480

Written by Yoshio Matsumoto

2017年1月15日 at 4:21 PM

カテゴリー: 神戸, kobe

Tagged with , , ,

アドミンティーチャーズの「ラボワーク LW11 - Arduino UNO と Netduino 3 でモーターシールドを使い DC モーターを制御する」

leave a comment »

「マンネリ打破のためのアウト・フレーズ練習帳」でわかったソロプレイの真髄

leave a comment »

P1440459_mid_640_480

世には様々なギター教則本があるが、大別するとギターの構造やピッキングと運指法、楽典の基本、メジャー、マイナー、ペンタトニックなど基本スケールの解説などの初心者向けの内容のもの、ドリアン、リディアン、コンビネーション・オブ・ディミニッシュなどスケール理論を網羅的に解説したもの、ジャズやブルースなど特定ジャンルの演奏法を解析し、また典型的な著名なギタリストのフレーズを解析し、奏法を解説するなどしてその人らしい演奏ができるようにガイドするもの、そして最近の流行に思えるのは、トレーニング用に作られた短いフレーズを列挙し、いわば小学生の算数ドリルのように積み重ねる練習法を示すものがある。しかしこの本はそれら数多の教則本にないことが解説されている。

この本を読みいくつかのエクササイズを試すと、音楽というものが時間の流れとともにある芸術であることに気付かされる。そもそもこれは当たり前のことなのだが、この当たり前のことに気づくと、世にある数多の教則本には時間の流れについての解説が欠如していることがわかる。極論をいえば音楽とは時間と空間をコントロールする芸術なのだ、と。

この本では、まずペンタトニックスケールを元にしたアウトスケールの考え方が示される。軽く読んだときは、ペンタトニックから派生するとはずいぶん単純な解説だと思ったが、CDの模範演奏を聴きながら楽譜を読み、自分で弾いてみるとその奥の深さがわかった。本の中盤でモード的解釈やクロマティック、ディミニッシュ、ホールトーンなどスケールの解説がされるが、おそらく筆者は冒頭の章と最後のまとめの章ですべてを言い尽くしたのではないか。つまり、アウトスケールというものは時間の流れとともに組み立てられるもので、そこには既存の網羅的に解説されたスケールなどというものは後付けの解釈にすらならず、アウトスケールに対しては全く無意味なものであると。

この本からアウトスケールの真実を知ると、たとえばコード進行がなになにのときはこれこれスケールと使うといったような理論は、ギターソロの分野においては、あたかもピアノのバイエルをなぞっているだけであって、そこからは全くオリジナルな演奏は出てこないことがわかる。アウトスケールは時間と空間をコントロールする場において、いかに自分らしい流れの音空間を作るかであって、そこに全く理論は関係ない。だからこそ音楽は永遠に未開の地であり、無限の可能性があり、すべてのプレイヤーが自分だけのアウトスケールを作り出す可能性があるのだ。この本は俺の目から鱗を落としてくれた。

時間と空間をコントロールする芸術。音楽の世界もいつかはアインシュタインのような偉人が出現し、E=MC2のような理論式を見つけ出してしまうかもしれない。そうなれば、もはや秘密は失われ、音楽は真に芸術の地位から脱落してしまうのだろう。

それまでには、まだまだ、やれることがある。

ラボワーク LW10 - Arduino UNO と Netduino 3 でモーターシールドを使う

leave a comment »

今年の2月から毎月第一土曜日と決めて神戸三宮の会議室を借りて「ラボワーク」と題したマイコンボードの勉強会をしている。11月は第10回目になる。

ラボワーク LW10 - Arduino UNO と Netduino 3 でモーターシールドを使う
https://adminteachers.wordpress.com/2016/10/26/%e3%83%a9%e3%83%9c%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af-lw10-%ef%bc%8d-arduino-uno-%e3%81%a8-netduino-3-%e3%81%a7%e3%83%a2%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%89%e3%82%92%e4%bd%bf/

4月から毎回テーマを決めてやっている。使っているマイコンボードは Arduino UNO 系のものと Netduino だ。これらのマイコンボードを使うためにドライバを導入したり IDE を設定したりといった準備からはじめて、各種センサやシールドを使ってきた。シールドとは Arduino UNO に取り付ける拡張ボードのことで、様々なシールドが各社から発咳されており、Netduino はこれらのシールドと I/O ピンコンパチブルなので使うことができる。

センサを使い、L チカ、LED チューブなどの制御プログラムを試してきたが、今回からしばらく「動く」ものを試す。まずは「サーボモーター」と「DC モーター」をモーターシールドを使って動かしてみる。「サーボモーター」は実際はモーターシールドを使わずにマイコンボードに直結してもいいのだが、モーターシールドを使った方が接続がわかりやすいだろう。DC モーターを使うにはマイコンボードからの電源供給ではなく別電源が必要になるが、その回路はモーターシールドがしてくれる。

アドミンティーチャーズのラボワークは、会の性質上「情報教育に関心のある方」としているが、必ずしも学校関係者に限定しているわけではないので、興味のある方はぜひ来てほしい。またノートパソコンの Arduino 開発環境は、当日ラボワークで設定することもできるし、ノートパソコンがなくても実習を楽しめる。マイコンボードやパーツは人数分用意している。このように、ラボワークはゆるやかな体験、交流の場なので、気軽に手ぶらで来てもらってかまわない。

アドミンティーチャーズ Web サイト
https://adminteachers.wordpress.com/

p1410332_mid_640_480

p1410348_mid_640_480

p1410333_mid_640_480

p1410338_mid_640_480